→ 初めてサイトを訪れた方へ

この時代 かわいいイラストだって簡単に手に入る|本も見た目が9割?

創作活動に役立つツール

みなさまご機嫌よう。

高美濃四間です。

 

今回は絵が苦手な作家へ向けた内容になります。

この記事を最後まで読めば、絵が描けなくても簡単に魅力的なイラストが手に入り、宣伝効果を大幅に上げることができますよ!

<よければ、↓の曲を聞きながらでも>

月下美人 @ フリーBGM DOVA-SYNDROME OFFICIAL YouTube CHANNEL

 

スポンサーリンク

この時代 かわいいイラストだって簡単に手に入る

僕は絵が描けません。

超絶下手くそです。

それでもいつかは漫画を描けるようになって、『Renta!』で連載したいだなんて夢見ちゃってます(汗

 

それに、SNSや小説投稿サイトなんかで自作小説のキャラクターの立ち絵や表紙にプロが描いたような綺麗なイラストが使われているのを見て、凄く羨ましかった……

 

……それで色々と試行錯誤した結果、簡単で安くしかも画力の高いイラストを仕入れることができるようになったのです!

 

作品も見た目が9割?

ところで、『人は見た目が9割』という書籍がありますよね?

ロングセラーになったやつです。

それで僕、思ったんです。

作品も見た目が9割……とまではいかないかもしれませんが、やはり見た目によって訴求力が大きく変わるのかなと。

 

みなさんがこの記事に訪れるキッカケはなんでしたか?

僕だったら、トップ画像の女の子たちだと迷わず答えます。

 

つまりそういうことです。

たとえば、ツイッターなんかは繋がりが増えるほどタイムラインで大量のツイートが流れていきます。

そんな中、どうすれば自分のツイートが埋もれないか、多くの人に見てもらえるのか……

画像です。

 

文字だけだと、いくら心に響くような言葉を書いていたとしても読む暇すら与えられないことがほとんど。

それにくらべて画像は、一瞬で人の目に留まることができるのです。

 

小説もそう。

たとえばエブリスタを見てもらえば分かると思いますが、毎日たくさんの小説が更新されています。

そんな中、毎日更新を頑張って新着ピックアップや注目ピックアップに載っても、視覚的効果が弱ければ読んでもらえる可能性は低いです。

だからこそ、目に留まる表紙、イラストが必要なのです。

 

今の時代 イラストは簡単に手に入る

現代では多くの小説家がイラストを活用し、視覚的な対策も万全にしています。

つまり、今の時代、イラストは簡単に調達できるのです。

むしろそれを活用しなければ、ライバルたちに大きく差を付けられてしまう……。

 

では具体的にイラストを発注できるおすすめのツールをご紹介しますね。

 

ココナラ

SKIMA

ちなみにこの記事のトップ画のイラストは、ココナラで発注しました。

ココナラはイラストのみならず、宣伝や文章校正など数々の有用なサービスが取引されており、創作活動を続けていく上で活用しないのはあまりにももったいないです!

 

次にSKIMAですが、正直なところイラスト、デザインに限ってはこちらを強くおすすめします。

その理由は、ココナラよりも相場が安く(個人的な見解です)イラスト作成の出品件数が多いからです。

そしてなにより魅力的に思うのは、キャラ販売の出品が豊富なこと。

キャラ販売とはイラストレーターさんが描かれたオリジナルキャラクターを買い取ることができ、簡単にイラストを手に入れられる素晴らしいサービスなのです。



 

絵は資産になる

描いてもらった絵は資産になります。

たとえば、SNSアイコンなんかに設定しておくだけで、半永久的に宣伝効果を持ちますし、漫画を描いてもらってKindleBOOKWALKERで販売したりすれば印税が期待できます。

 

また、お気に入りのイラストレーターさんがいたら、その人自身に投資するという目的でイラストを購入するのもいいかもしれません。

もし、そのイラストレーターさんが有名になれば、購入したイラストの価値も一気に上がりますので👍

 

そういえば、手描きイラストがヤフオクで10万で取引されていたような……

 

※ただし、著作権の取り扱いには十分ご注意ください。著作権譲渡や商用利用については、しっかりイラストレーターさんと相談することです。

 

まとめ

今回は絵が描けない人でも、簡単で安価に絵を調達する方法をご紹介しました。

僕のおすすめはSKIMAですので、ぜひとも活用してください!

 

もし、クオリティの高い表紙が欲しい場合は、発注することが可能ですので、↓の記事を参考にしてみてください。

小説の宣伝や上達におすすめのアプリ「ココナラ」の使い方
作家として成長する上で、効果的な方法は自作品への感想をもらうこと

コメント