ラストでどんでん返しを生むストーリープロットの作り方|ライトノベル小説の書き方

物語は、ラストで得た感動が、そのまま作品の評価に繋がると言っても過言ではありません。

つまるところ、どんなに序盤、中盤で盛り上がっても、ラストが納得いくものでなければ「いまいち」。

序盤、中盤はまあまあでも、終盤のどんでん返しに興奮したなら「面白かった!」と言われる