本サイトでは、小説の書き方やマーケティング手法を解説しています → サイト概要・目次へ

挫折しそうな現代の小説家へ/投稿したくても書けない理由

悩める小説家の雑感

みなさま、ご機嫌よう!

高美濃四間です!

 

今回は、創作活動においてぶつかる悩みについて深掘りしていきます。

みなさんは、ネットなどで小説を書いていても、上手く書けなかったり、他人と比べたりして絶望することはありませんか?

僕はあります。

 

ではどうすれば解決できるのか?

それは、なにに悩んでいるのかとその理由を考え、自分の考え方を変えるしかありません。

この記事を読めば、小説家の悩みを少しでも解決できると思いますので、ぜひ最後までお付き合いください!

<よければ、↓の曲を聞きながらでも>

不老不死 @ フリーBGM DOVA-SYNDROME OFFICIAL YouTube CHANNEL

 

挫折しそうな現代の小説家へ/投稿したくても書けない理由

小説投稿サイトなどで、活動を始めた小説家のモチベーションが下がる理由として、↓のようなものが考えられます。

 

・小説を書くのを楽なものだと思っている

・一つの作品で上手くいくと思っている

・執筆ノウハウを知り、自分に都合の良い情報だけを記憶している

・他人と比べてしまう

 

これらの考え方について、少しずつ変えていきましょう!

 

小説を書くのを楽なものだと思っている

小説を書くことは楽しいのであって、楽なわけではありません。

「そんなこと思ってねぇよ!」という方は、ごめんなさい。ここは飛ばしてもらって構いません。

 

ですが、ここの考え方はしっかりしておかないと、理想と現実のギャップで挫折してしまうのです。

物語の構想を練るのが楽しい、書いているとキャラクターが自然と動くから楽しいというのは、当然あると思います。

 

ですが、それを書き続けるのは楽ではありません。

上手く言葉がでなくてつまづくこともありますし、物語が破綻してしまって設定を練り直す必要が出てきたりと、苦痛を伴うことも多くあります。

 

確かに昨今、小説投稿サイトには、数多くの小説が投稿されていますが、それだけの努力をしているということ。

その中で読まれようとするのなら、彼らと同等かそれ以上の努力をする覚悟が必要なのです。

また、執筆のためにリサーチやプロットを練ったりする分、今までの時間を効率化したり、削らなければならないのは必然です。

 

小説を書くのは楽しいけれど辛い。

それを認識した上で、↓のようなことを念頭において、少しでも辛さを忘れて書けるように工夫するのが大事なのです。

 

・素晴らしい作品や歴史に触れることで、新たなアイデアを得て、自作小説の多様性を高める。

・モチベーションを保ち続けるのは無理なのので、なにかのキッカケでたまにインスピレーションが湧いてきたときに、まとめて一気に書く。

・SNSを利用したり、エブリスタなどを利用したりして、少しでもPV数を稼いだり、感想をもらったりして励みにする。

 

↓の記事も参考にしてみてくださいね。

削るべき四つの無駄|作家がおすすめする,時間を無駄にしない方法
貴重な時間を守るために削るべき四つ無駄 ・無駄な思考時間 ・脳のスキマ時間 ・悪質な睡眠時間 ・耳のスキマ時間
エブリスタの有効な使い方|毎日の読者数が100人になったワケ
ウェブ作家の多くは作品を読まれないという悩みを抱えている。 それゆえに、餓えており「作品を読んでもらえる」トピックや「作品宣伝」のトピックには大勢の人が集まるのだ。

 

一つの作品で上手くいくと思っている

もちろん、一つの作品に情熱を注ぐのは大事です。

特に、処女作はなおのこと。

 

しかし、流行や人気のジャンルというのはあります。

その作品に全てを賭け、時間と情熱を注いだからこそ、時勢に合わず反応を得られなくて絶望してしまうのです。

 

まずはたくさんの作品を書いて、そのどれかが当たるのだと考えましょう!

ですので、悩むぐらいなら勢いで書いて完結させるべきで、またすぐに次の作品を書き始めるのです。

小説家になろうなら、完結ブーストというのがありますし、エブリスタは完結ランキングというものがありますので👍

 

執筆ノウハウを知り、自分に都合の良い情報だけを記憶している

小説を書いているうちに、先人のノウハウ的なものが知りたくなり、執筆指南書を読むこともあるかと思います。

それは否定しませんし、僕も良いものは紹介しています。

ですが、自分に都合の良い情報だけにフォーカスしていませんか?

 

たとえば……

 

・好きなものだけ書けばいい

楽をしていいということではない。その分、自分と同じものが好きな人に届くよう、最大限の熱量を込める。

 

・文字数なんて気にしなくていい

それは、文字数に関わらず、読者の満足が得られていればという大前提がある。

 

……など。

 

しっかりと現実を見ましょう。

僕のノウハウとおすすめの書籍も↓に載せておきますね。

小説の書き方まとめ|ラストでどんでん返しを生む物語の作り方
物語はラストで得た感動が、そのまま作品の評価に繋がると言っても過言ではない。 つまるところ、どんなに序盤中盤で盛り上がっても、ラストが納得いくものでなければ「いまいち」。 序盤中盤はまあまあでも、終盤のどんでん返しに興奮したなら「面白かった!」と言われるのだ。
小説を書きたい人へ/物語を書く基本やコツ,設定の書き方を学ぶ書籍5選
読み放題で読める参考書籍をご紹介!

 

他人と比べてしまう

これが一番多い悩みではないでしょうか?

 

たとえば、小説投稿サイトなどを見ていても、自分より後から始めた人や、同じジャンルを書いている人でも、自分の何倍ものPV数を稼いでいたり、書籍化したりする人がいます。

なんだか絶望してしまいますね……

 

しかし、考え方を変えてみましょう。

自分よりも短期間で活躍している人のことをどれだけ知っていますか?

もしかしたら、↓のような経歴や実績があるかもしれません。

 

・企画畑で仕事をしていてプロモ―ションやマーケティングが得意

・かつて脚本づくりの仕事をしていた

・専業のライター

・プロ作家や有名人の子供

 

などなど、人それぞれの事情や違った環境があるのです。

それを執筆歴だけで比べるのは無理があるのではないでしょうか?

かけられる時間も人によって違うので。

 

ですから、あなたは今自分が持っている武器を最大限に使って戦いましょう!

人と比べて絶望しない、批判してくる人は無視!

 

まとめ

どうだったでしょうか?

↓の点について、再度よく考えてみてください。

 

・小説を書くのを楽なものだと思っている

・一つの作品で上手くいくと思っている

・執筆ノウハウを知り、自分に都合の良い情報だけを記憶している

・他人と比べてしまう

 

少しでも創作活動に対する考え方が前向きになれば幸いです。

いつかは最前線で活躍できると信じて、なにがあっても絶望に負けず、コツコツとまっすぐに頑張りましょう!

 

他にも小説の書き方や考え方を学びたいという方は、↓を参考にしてみてくださいね。

小説を書いていくためのコツ|現代小説家の書けない読まれないを解決
↓のような方へおすすめ ・現在、自作小説を必死に書いているけど、中々上手く書けない。 ・腕に自信はある。でもどんなに良い作品を書いても読まれない。 ・これから作家を目指したいけど、どうすればいいか分からない。

コメント