→ 初めてサイトを訪れた方へ

漫画を教養へ

漫画を教養へ

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編から学んだこと/小説への活かし方

感動や熱血シーンの演出のためには、しっかりとしたバックボーンが必要であり、想像を絶するような展開を連続させることが重要
漫画を教養へ

マンガ「空飛ぶタイヤ」感想|感動を生む,面白い物語の作り方

常にハラハラドキドキ感があることで、飽きを感じさせず最後まで読み切る原動力になる
漫画を教養へ

マンガ「破天荒フェニックス」感想/現代の小説家が学ぶべき書き方

ギリギリの状況で物語が展開してこそ、主人公に感情移入できる そして、この絶望の日々があるからこそ、終盤でカタルシスが生まれる
漫画を教養へ

『死ぬこと以外かすり傷』感想|創作に熱狂を!その真の意味とは!?

これを読み終えたとき、きっと興奮しインスピレーションが湧き上がることでしょう。 そしてできれば、そのままの勢いで創作活動に向かって欲しいと思います。 「鉄は熱いうちに打て」
漫画を教養へ

見た目は魔王/中身は純情少年? 感情移入できるキャラの作り方

普通、なろう系のチート主人公は、とにかく最強で傲慢で、ヒロインたちはたいした理由もなく惚れる。そして唐変朴な完璧超人なため、感情移入できないことが多いです(←自分へのブーメラン笑)。 しかし本作の主人公は、自然と感情移入できるのです。 そして最強主人公でもあるため、爽快感もあります。
漫画を教養へ

極主夫道から学ぶ! 面白いギャップの作り方

  1. 他にない特徴的な言葉使いというものが、そのキャラクターに熱い魂を吹き込むのです。