本サイトでは、小説の書き方やマーケティング手法を解説しています → サイト概要・目次へ
商人の知恵

信用のリスト化,商人がなにより守るべきもの

江戸時代、とある商人が大火事によって、店も商品も失ってしまいました。 しかしその商人は逃げる際、ある物を持ち出し、それを元に商売を再生させました。
悩める小説家の雑感

僕の実例! 読者が価値を感じるポイント10選

今回は、僕が作品への感想を頂いた中で、読者の方々はどんなところに価値を感じるのかをご紹介しますね。
悩める小説家の雑感

他者の失敗から学ぶ 読者の集中力を削がない方法14選

物語を書くのが忙しすぎて、読者目線で他人の物語を読みにいけないという方のために、僕がこれまでどんなことを指摘されたか語ることで、読者の目の付け所(読者はどんなことが気になり、反応するか)をお教えしようと思います。
高美濃オリジナル作法(さっぽう)

感動するストーリーの作り方/究極の舞台装置で感動を

物語は、ラストで得た感動が、そのまま作品の評価に繋がると言っても過言ではありません。 つまるところ、どんなに序盤、中盤で盛り上がっても、ラストが納得いくものでなければ「いまいち」。序盤、中盤はまあまあでも、終盤のどんでん返しに興奮したなら「面白かった!」と言われるわけです。
高美濃オリジナル作法(さっぽう)

金儲けがドラマを作る? キャラ設定におすすめの商売5選

・金回りの設定がしっかりしていると、読者としても現実に重ねやすく、物語のリアリティが増す。 ・主軸のキャラクターが所属する組織の体制がしっかり描かれていると、読者の共感が得やすい
高美濃オリジナル作法(さっぽう)

迅速に学ぶ!効率の良い勉強方法|脅威の読書アプリ flier

もし自分が時給1200円の仕事をしていたなら、10分悩むだけで200円を無駄にしているのです……
高美濃オリジナル作法(さっぽう)

アクション小説に必須! 戦闘描写の書き方(その2)

戦闘シーンに読者を引き込むには、その戦いの結末に興味を持たれなければならないということです。
高美濃オリジナル作法(さっぽう)

アクション小説に必須! 戦闘描写の書き方(その1)

結局、迫力の戦闘シーンを書こうと思ったら、そのシーンが脳内に浮かび上がり、迫力ある戦闘が流れていないと書けないのです。 挿入歌やら熱血系のテンション上がるBGMも流れてるとなお良し。
高美濃オリジナル作法(さっぽう)

8割ユーチューブ!? 感動する言葉・セリフの作り方

今はあまりビジネス書を読んでいない僕。 それでも以前同様、キャラクターの口から名言っぽいことを言わせることはできます。自然に出てきます。 では今、どのようにしてそれが僕の中にストックされているのか――
高美濃オリジナル作法(さっぽう)

文章には添削が必要/読みやすい文章が書けないのなら……

スピードが重要な理由はここです。 誰かに確認してもらい修正するため。 誰だって一回で完璧な文章が書けるわけではありません。 だから、セルフチェックとダブルチェックを前提に考えるのです。