本サイトでは、小説の書き方やマーケティング手法を解説しています → サイト概要・目次へ

キャラクター

高美濃オリジナル作法(さっぽう)

小説でキャラ設定を活かすコツ|おすすめは成長過程を描写すること!

そのキャラをよく知っていて、今までの努力や想いに強く共感しているからこそ、感情移入してしまう