本サイトでは、小説の書き方やマーケティング手法を解説しています → サイト概要・目次へ

熱量

高美濃オリジナル作法(さっぽう)

アクション小説に必須! 戦闘描写の書き方(その2)

戦闘シーンに読者を引き込むには、その戦いの結末に興味を持たれなければならないということです。