→ 初めてサイトを訪れた方へ

コツ

高美濃オリジナル作法(さっぽう)

小説家初心者の勘違い|ノウハウを学ぶ目的は上達のコツじゃない

ノウハウばかり集めていても、先には進めない 素晴らしい作品を生み出すに至る、最初の過程の手段にすぎないのだから
高美濃オリジナル作法(さっぽう)

小説家が上達するためのコツ|読まれないままではいつになっても読まれない

読まれない作品をいくら書いても読まれない 上達するためには、作品完結とその感想フィードバックをひたすら繰り返す
高美濃オリジナル作法(さっぽう)

小説を書くうえで気を付けるべきコツ|最後まで読まれない理由

情熱のままに書き、冷静になって書き直す
高美濃オリジナル作法(さっぽう)

小説でキャラ設定を活かすコツ|おすすめは成長過程を描写すること!

そのキャラをよく知っていて、今までの努力や想いに強く共感しているからこそ、感情移入してしまう
入門編

小説家の初心者が上達するコツ|書けない理由は学び方にある!?

確かに文章力もある程度は必要だが、それは物語を書く要素のうちの小さな一つにすぎない 初心者の方が陥ってしまう罠はここにある
入門編

作家の上達に特別な才能はいらない/コツは書きたい小説を書くだけ!

好きこそものの上手なれ」です! 小説を書くのに最初に必要なのは、特別な技術や専門的な知識ではありません。 それは情熱です。
高美濃オリジナル作法(さっぽう)

小説を書いていくためのコツ|現代小説家の書けない読まれないを解決

↓のような方へおすすめ ・現在、自作小説を必死に書いているけど、中々上手く書けない。 ・腕に自信はある。でもどんなに良い作品を書いても読まれない。 ・これから作家を目指したいけど、どうすればいいか分からない。
高美濃オリジナル作法(さっぽう)

風景描写の有効な書き方|小説で魅力的な風景を書く5つのコツ

必要最低限の風景説明で済まして、細部の描写に力を入れることです。 どういうことかというと、読者が「あ~確かに!」「わかる~」「なるほどねぇ」などと思わず呟いてしまうような、共感の得られる描写をすることです。