→ 初めてサイトを訪れた方へ

アクション小説に必須! 戦闘描写の書き方(その1)

高美濃オリジナル作法(さっぽう)

みなさまごきげんよう。

高美濃四間です!

 

みなさんは、どのようにして戦闘シーンを書いていますか?

僕はあまり小説の指南書を読まないのですが、そういえば戦闘シーンの書き方についてしっかり解説してる書籍って少なかった気がします。

 

そこで今回は、戦闘シーンの書くためのコツを解説しますよ!

 

<よければ、↓の曲を聞きながらでも👍>

デジタルの中の冒険者 @ フリーBGM DOVA-SYNDROME OFFICIAL YouTube CHANNEL
スポンサーリンク

アクション小説に必須! 戦闘シーンの書き方(その1)

結論、アニメの戦闘シーンをたくさん見ましょう!

 

……「それだけ?」と思われるかもしれませんが、僕にとっては、ほぼこれに尽きます。

 

結局、迫力ある戦闘シーンを書こうと思ったら、そのシーンが脳内に浮かび上がり、躍動感ある戦闘シーンが流れていないと書けないのです。

挿入歌やら熱血系のテンション上がるBGMも流れているとなお良し。

であれば、たくさんの戦闘シーンを脳に焼き付けておかなきゃいけないんですね。

 

最速最短で脳内に焼き付ける方法

とは言っても、「新人賞の応募までもう数週間しかない!」「悠長にアニメを見てる時間なんてない!」という方もいらっしゃいますよね?

 

そこで役に立つのが、「戦闘系MAD」です!

 

いやこれ、本当に有能なんです。

試しに「戦闘シーン MAD」って検索して動画を見てみてください。

 

見たらクオリティ高すぎてビックリしますから!

【MAD】アニメ戦闘シーン集詰め合わせ

 

誰かに頼るのも手法

もし、「イメージできてもどう書けばいいか分からない!」という方がいらっしゃいましたら、私の小説読んでください笑

 

というのは冗談で、自分の書いた戦闘描写に対してアドバイスやどういう印象を受けるかなどは、今の時代だと依頼することができるので、誰かのフィードバックの一番の近道だったりします。

 

依頼の方法については、↓の記事で解説しています。

小説の感想を依頼する方法/ココナラの使い方
ココナラでの小説の感想依頼を発注する方法を解説します!

 

その場しのぎだけでなく

なんだかんだ言って、小説や漫画、シナリオなど……物語を書くのであれば、アニメや映画はたくさん見ておいた方がいいです。

躍動感と熱量の宿っている、多くの戦闘シーンを見ることで、やがて自分の作品も動き出すのです。

 

戦闘シーンの書き方は↓でまとめていますので、続けてどうぞ。

戦闘シーンの書き方まとめ|小説で最高のアクションシーンを描く!
小説で最高のスピード感を出すには必要な要素の組み合わせがある。 1、感情移入できるキャラが戦う 2、極力短い文章でかつ、分かりやすい地の文で展開 3、キャラクターがスピーディに大きく動く 4、高い熱量を纏ったセリフ

コメント