→ 初めてサイトを訪れた方へ

小説の感想を依頼する方法/ココナラの使い方

創作活動に役立つツール

みなさまご機嫌よう。

高美濃四間です!

 

今回は、自作小説に対して感想や校正を依頼する方法をご紹介します。

 

創作技術の上達には欠かせない内容ですので、ぜひ参考にしてみてください。

(※決して、小説投稿サイトの感想ぺージに直接書いてもらうわけではないので、ご注意ください)

 

スポンサーリンク

小説の感想を依頼する方法/ココナラの使い方

今回ご紹介するサービスは、僕がいつも利用する、ココナラというスキル売買サービスです。

 

依頼先を選ぶ

まずは、ココナラで依頼したいサービスを探します。

小説の感想サービス

小説の文章校正サービス

小説の添削サービス

 

依頼時の注意点

依頼する相手を選ぶ際に、注意する点を挙げておきますね。

 

最終ログインが直近か?

せめて3日以内が好ましいですね。

たとえば90日以上ログインがない人とかだと、依頼のメッセージを送っても返信がこない可能性があります。

極力アクティブにサイトを利用している人を探しましょう。

 

値段

値段は探せばピンキリです。

500円~数千円まで、依頼する小説の文字数や感想のクオリティ、チェックしてもらう点などによって、多々あります。

値段に注意しながら、自分の目的にあった依頼を選ぶようにしましょう。

 

オプションを確認

文字数によっては、オプション料金を追加することで対応してもらえることもあります。

あらかじめ、サービス内容にはしっかり目を通しておきましょう。

 

まずはDM

依頼したい相手が決まったら、購入前にまずメッセージを送ってみましょう。

 

サービスページの出品者アイコンのすぐ下にある、「出品者に質問」というボタンを押せば、DMが送れます。

購入前にまず、どんな内容で依頼したいかと、その内容での金額はページ記載の通りかを確認しましょう。

 

参考までに、僕が依頼している際の確認メッセージ例を載せておきますね。

――――――――――

 

はじめまして。

○○と申します。

 

このたび、○○というサイトに投稿している小説について、感想を頂きたくご連絡しました。

下記が依頼事項の詳細となりますので、ご対応可能かどうかご検討をよろしくお願い致します。

・文字数は○○万文字

・タイトル「○○」

・URL:

・依頼の範囲:第○章~第○章末まで

 

また、購入金額については、ページ記載の○○円でご対応可能でしょうか。

以上、ご検討のほどよろしくお願い致します。

 

――――――――――

 

といった感じです。

不慣れな方は、上記の例をコピペしてもらって構いません。

 

特に気になる点、言及してほしい点などがあったら、箇条書きででも依頼してみると良いかと思います。

たとえば↓

――――――――――

・感情移入できたキャラクターはいたか
(特に気に入ったキャラがいたら、教えてください)

・設定に独創性は感じたか

・感動するシーンはあったか

・文章は読みづらいと感じなかったか

・途中で飽きることはなかったか

――――――――――

 

などですね。

 

正式に依頼する

出品者からDMへ返信が来て、受注可能という回答だったら、購入手続きをしてください。

ページ下部にある「購入手続きへ」というボタンです。

 

次に支払い方法を確定し、処理が完了すれば購入完了となります。

 

個別のトークルームが開設されるので、そこで再度依頼内容を確認し、お願いしましょう。

 

感想サービスは、基本的にPDFで作成してもらうか、トークルームに直接感想を書いてもらうかになることを認識しておきましょう。

(基本的に、小説投稿サイトに直接感想を書き込んでもらうようなサービスはないと思ってください。それは邪道です)

 

依頼完了

小説の感想がもらえて、質問などもすべて済んだら、最後は完了の手続きです。

 

基本的には、受注者側から正式な回答をして良いか問われると思いますので、回答しましょう。

(人によっては質問を受け付けず、感想文の送信と共に正式な回答とされる場合もあります。メッセージ自体は継続できるので、なにかあれば返信しましょう)

 

正式な回答に対しては、依頼側から評価を入力します。

それが完了すれば、相手からの評価が届き、それで取引は完了となります。

 

まとめ

ココナラには、たくさんのサービスがあるので、慣れてくれば色々と依頼してみましょう!

より良い小説を書くには、他人のフィードバックは必要ですので、活用してみてくださいね。

 

ココナラの他のサービスは↓でまとめています。

小説の宣伝や上達におすすめのアプリ「ココナラ」の使い方
作家として成長する上で、効果的な方法は自作品への感想をもらうこと

コメント