→ おすすめ記事集

入門編

入門編

小説家になるには9つのコツを意識すべき! 小説を書きたいけど書けない人へ

小説を書く上で重要なコツ 1、趣味を投資に変えているか? 2、PDCAサイクルを回しているか? 3、無駄な時間を削っているか? 4、新しいことに挑戦しているか? 5、アイデアを世の中へ発信しているか? 6、完璧を求めていないか? 7、他人と比べていないか? 8、ノウハウマニアになっていないか? 9、一人で悩んでいないか?
入門編

小説家初心者の勘違い|ノウハウを学ぶ目的は上達のコツじゃない

ノウハウばかり集めていても、先には進めない 素晴らしい作品を生み出すに至る、最初の過程の手段にすぎないのだから
入門編

小説家が上達するためのコツ|読まれないままではいつになっても読まれない

読まれない作品をいくら書いても読まれない 上達するためには、作品完結とその感想フィードバックをひたすら繰り返す
入門編

小説が上達する方法まとめ|現代の小説家が継続するコツ

どんなことがあっても、書くことを楽しむことができれば、それは最高の武器になる
入門編

アイデアがなくて書けないあなたへ|小説の設定作りに役立つ方法

良いアイデアが思いつかないのは、作品の方向性が決まっていないから
入門編

小説投稿が上達のコツ!? 才能を開花させる初心者の書き方

初心者は伸びしろしかなく、書けば書くだけ成長するので、この最大の利点を活用しないのはあまりにももったいない
入門編

小説が書けない理由|初心者が上達するコツを解説!

確かに文章力もある程度は必要だが、それは物語を書く要素のうちの小さな一つにすぎない 初心者の方が陥ってしまう罠はここにある
入門編

初心者が小説を書くには? 基本的な書き方より重視すべきコツ

なぜ目的を決めるのか? それは、目的によって手段も変わるから 応募するコンテストや利用する小説投稿サイトも変わる
入門編

挫折しそうな現代の小説家へ/投稿したくても書けない理由

考え方はしっかりしておかないと、理想と現実のギャップで挫折してしまうのです。 物語の構想を練るのが楽しい、書いているとキャラクターが自然と動くから楽しいというのは、当然あると思います。 ですが、それを書き続けるのは楽ではありません。
入門編

作家の上達に特別な才能はいらない/コツは書きたい小説を書くだけ!

好きこそものの上手なれ」です! 小説を書くのに最初に必要なのは、特別な技術や専門的な知識ではありません。 それは情熱です。