→ 初めてサイトを訪れた方へ

読まれない

高美濃オリジナル作法(さっぽう)

小説家が上達するためのコツ|読まれないままではいつになっても読まれない

読まれない作品をいくら書いても読まれない 上達するためには、作品完結とその感想フィードバックをひたすら繰り返す
入門編

投稿した小説が読まれない理由/初心者でもサイトで読まれる書き方

おすすめは穴場とも言える、競争率の低いジャンルでランキング上位を目指すこと
高美濃オリジナル作法(さっぽう)

小説を書くうえで気を付けるべきコツ|最後まで読まれない理由

情熱のままに書き、冷静になって書き直す
小説投稿サイト攻略

読まれないなら文字数を考えよう|小説投稿サイトでおすすめの文字数

投稿小説に適した文字数は、その小説のジャンルや売りにしているものによって変わる
高美濃オリジナル作法(さっぽう)

小説を書いていくためのコツ|現代小説家の書けない読まれないを解決

↓のような方へおすすめ ・現在、自作小説を必死に書いているけど、中々上手く書けない。 ・腕に自信はある。でもどんなに良い作品を書いても読まれない。 ・これから作家を目指したいけど、どうすればいいか分からない。
現代の小説家が生き抜く道

小説が読まれない 理由は質じゃない|作品を売るなら作者を売れ!

根本となる考え方は一つです。 それは、作品の質と読者の増加は切り分けて考えるべきだということです。 つまり、いくら素晴らしい物語を生み出しても、それを投稿サイトに公開して置いておくだけでは読者に読まれません。