→ 初めてサイトを訪れた方へ

小説が読まれない 理由は質じゃない|作品を売るなら作者を売れ!

現代の小説家が生き抜く道

みなさまご機嫌よう。

高美濃四間です。

 

いくら質の高い作品を完成させても読まれない、反応がない。

みなさんはそんな悩みを抱えていませんか?

はたまた、ビジネスマンであればどんなに素晴らしい商品があっても、思うように売れない。

そんな問題が発生したりしていませんか?

 

今回はその悩みを解決します。

この考え方に切り替えることができれば、作品や商品を多くの人の手に届けるヒントが得られますよ👍

小説を例に語っていきますが、商品販売やブログなどの情報発信も同様の考え方ですのでお見逃しなく!!

 

<よければ↓の曲を聞きながらでも>

Last Winter #2 @ フリーBGM DOVA-SYNDROME OFFICIAL YouTube CHANNEL

 

スポンサーリンク

小説が読まれない 理由は質じゃない|作品を売るなら作者を売れ!

根本となる考え方は一つです。

それは、作品の質と読者の増加は切り分けて考えるべきだということです。

つまり、いくら素晴らしい物語を生み出しても、それを投稿サイトに公開して置いておくだけでは読者に読まれません。

 

タイトルや表紙イラスト、作品概要で読者の目を引いて読んでもらおうというのは基本としてありますが、ウェブ作品の溢れた現代では皆がそれに注力しているので、中々読者の目に留まりません。

 

ランキングや特集ページなどに載れば効果は段違いですが、難易度が高いので今回それは置いておきます。

 

作品に触れる機会を作る

大事なことは、読者が作品に触れる機会を作ることです。

作品の質が効果を発揮するのはその後。

作品を見つけてもらえなければ質なんてなんの意味もならないのですから。

その機会を作る方法は主に二つです。

 

・作者である自分自身をアピールすること

・自分の作品に関わるメリットを作ること

 

作品を売るなら作者を売れ!

たとえば、同じジャンルの作品が本屋で並んでいたとき、見ず知らずの無名作家が書いた作品と、ツイッターなどで見かけたことがある人の作品だったらどちらを手にとりますか?

僕だったら後者を選びます。

だって気になりますもの(笑

その人がどんな人なのか、なぜツイッターで人気なのかなどが分かるかもしれないですし。

 

つまり、小説や商品などを宣伝するときは、その出どころである自分自身の知名度と信用度が高いほど有利になるということです。

ですので、日々ツイッターやブログなどで情報発信して自分自身の宣伝をしてください。

ブログは↓の記事で開設方法を説明しているので、ご参照ください。

小説家のためのブログ・サイト作成講座|宣伝や稼ぐのにもおすすめ!
作品PRや作者の情報発信など、作家として自分のサイトを持つことは、かなりのメリットになる

 

自分の作品に関わるメリットを作ること

たとえばある商品を新開発したとして、それをお店のどこかのコーナーに置いただけでは、売り上げは簡単に上がりません。

では、「1回限定で無料」というようなサービスを付加してみたら?

間違いなくその商品の話題性は上がり、1回だけならとその商品を利用する客が増えるでしょう。

そして商品の質が良ければ、リピーターが現れるのです。

 

つまり、利用するユーザー側にメリットを与えるべきだということです。

 

たとえばウェブ小説であれば、相互レビューや「読むことで心理学の知識が身に着く」など、他の人に紹介してもらうことで、多くの人に読まれるように意識してください。

 

↓の記事で僕の小説のアクセス数が急増した方法を語っているので、ご参考までにどうぞ。

エブリスタの有効な使い方|毎日の読者数が100人になったワケ
ウェブ作家の多くは作品を読まれないという悩みを抱えている。 それゆえに、餓えており「作品を読んでもらえる」トピックや「作品宣伝」のトピックには大勢の人が集まるのだ。

 

まとめ

作品に触れてもらうにはまず、作品の質と読者の増加は切り離して考えるという内容でした。

作品に触れてもらう機会が重要であり、

・作者である自分自身をアピールすること

・自分の作品に関わるメリットを作ること

の二点に力を入れる必要があるのです。

 

とはいえ、作品の質が悪ければそれもまた意味がありませんので、クリエイティブとマーケティングを両立することを意識していてください。

 

凄腕編集者のマーケティングを↓の記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

出版不況は既に終わった? ベストセラー編集者の驚異的な仕事内容
マーケティング(売り方)をしっかり考えている人は、コンテンツも面白い。 それだけ本気で試合しているということ。

コメント