→ おすすめ記事一覧

ライトノベル小説のテンプレプロット5選/魅力的なラブコメの書き方

キャラクターの作り方

みなさまご機嫌よう。

高美濃四間です!

 

今回は、ライトノベルのストーリー作りに役立つ、ラブコメのプロットをまとめていきますよ!

これを参考にすれば、簡単に魅力的なライトノベルが書けるので、ぜひ参考にしてくださいね!

<BGM>

 

ライトノベル小説のテンプレプロット5選/魅力的なラブコメの書き方

それでは、アニメやゲームから参考にした、ラブコメプロットのテンプレを順に解説していきますね!

・女の子を照れさせる

・あまあま、いちゃらぶ

・嫉妬、独占欲

・ヒロインの葛藤

・自分を陥れようとした女の子を許す

 

ご自身の小説のキャラクターに置き換えて、早速使ってみてください!

 

女の子を照れさせる

このプロットの構成は非常に簡単です。

主人公(男)がヒロインを褒めて照れさせる、これだけです。

 

しかし、赤くなったりモジモジしたりするヒロインは、とても魅力的ですよね!?

ラブコメには必須とも言えるプロットですので、しっかり利用しましょう!

 

主なフロー

1、自信をなくして落ち込んでいたり、そわそわしているヒロインと遭遇

たとえば、服や髪型が似合ってないのではないかという不安、怖いという印象を周囲に持たれて気落ちしている、主人公にどう見られているか気になって仕方ない、など。

2、彼女のコンプレックスや好ましい、魅力的な部分などを、主人公が正直に褒める。または、まっすぐに好意を伝える

たとえば、笑顔が可愛い、服が似合ってる、気が利く、自分にとって必要な存在、など。

3、褒められたヒロインは、否定しつつも嬉しそうな反応をする。

ヒロインの顔が赤くなる、頬をにへら~っと緩ませる、モジモジしだす、などの描写をしっかりすること

 

あまあま、いちゃらぶ

懐いてくれる女の子は、とても可愛らしいものです。

読者もそんな女の子が甘えてくるシーンはキュンとしたりします。

そこで、ヒロインとのまったりしたあまあまないちゃらぶシーンも、ラブコメには必ず入れましょう!

 

主なフロー

1、主人公に構ってほしいヒロインのアピール

たとえば、食事や映画などのデートに誘ったり、いつもより近い距離感で接してくる

2、まったりした雰囲気で、主人公に甘えてくる

肩に頭を乗せたり、手を繋いだり、抱き着いたりなど。

3、主人公もそれに応える

頭を撫でたり、彼女が喜ぶことを言ったり、喜ぶことをしたり、など。

4、それでヒロインも、喜び幸せそうな表情を見せる

 

このプロットで重視すべきなのは、まったりした雰囲気で、ヒロインが構ってほしいという気持ちを抑えないこと。

最後には、嬉しい、幸せという心情をしっかり描写することが重要です。

 

嫉妬、独占欲

ヒロインの嫉妬心や独占欲は、ラブコメにとって良いスパイスになります。

殺伐としたものでなければ、よりヒロインの魅力を引き出すことができるので、ぜひとも導入してください。

 

また、ハーレムものでは必須の要素でもありますので、状況や趣向を変えて何度も使うことをおすすめします。

 

主なフロー

1、他のヒロインにも言い寄られている、仲良く話している主人公を見て、不安になるヒロイン。または、モヤモヤした気持ちを抱える。

2、危機感を覚えたヒロインは、いつもよりアピールを過激に。

ここで、「好きな人をとられたくない」という乙女心をしっかり描写することが重要。

ツンデレヒロインの場合は、素直になれなくて、後で後悔したり悩んだりしているところが見られると、ギャップがあってより魅力的です。

3、上記を繰り返し、たまに主人公から「君と一緒にいると楽しい」といったことを言われて、ヒロインが喜ぶ。

この、たまーにヒロインが独占欲を満たし、デレるのが最大の魅力。

 

ヒロインの葛藤

ヒロインの葛藤や悩みを解決するというのは、ラブコメの王道です。

本筋のメインプロットになり得るので、導入を検討してみてください。

 

主なフロー

1、ヒロインは、このままでいいのかと悩む

たとえば、主人公と出会って変わった、本来は任務のためだけに生きる存在なのに、いつかは戦わなければならない、など。

2、主人公は、ヒロインの葛藤を察した上で、その解決策や最前の道を考える

今の彼女が、今の生活が好きだと伝える。

そして、彼女の悩みやこれから起こる困難を受け止めようとする

3、ヒロインの悩みが解決されたり、困難を乗り越えたりして、主人公への好意がより強く。

ここが凄く大事です。

ヒロインが主人公を好きになる理由は、明確であったほうが読者も違和感なく物語へ没頭できますから。

 

後は、ここから通常のあまあまいちゃらぶプロットへ繋いでいくと、王道のラブコメとして十分ですよ!

 

自分を陥れようとした女の子を許す

いわゆるハニートラップですね。

ヒロインは実は敵で、本来の目的を隠して主人公に近づきます。

しかし、徐々に主人公の魅力に惹かれていって、最終的には仲間になるといったプロットで、これも王道ですね。

 

主なフロー

1、ヒロインが近づいてくる。

ここで、好意を持っているような仕草だったり、過剰なスキンシップをしてきて、主人公は戸惑う。

それでも、主人公はなびかない

2、ヒロインは中々目的が達成できず焦るが、少しずつ主人公の魅力に気付いていく

たとえば、度を超えた優しさだったり、周囲からの信頼が厚かったり、強い信念を持っていたり、など。

3、最終的に、ヒロインは敵だと明かされることになるが、主人公はそれを知った上で彼女を受け入れる。

ここで、ヒロインは主人公に完全に惚れる。

 

主人公の優しい言葉があるとなお良し。

「本当は優しい女の子」「君がいなくなるのは嫌だ」「それぐらいがなんだ、仲間じゃないか」

 

まとめ

今回は王道のラブコメプロットを5つご紹介しました。

・女の子を照れさせる

・あまあま、いちゃらぶ

・嫉妬、独占欲

・ヒロインの葛藤

・自分を陥れようとした女の子を許す

 

これらは王道であるがゆえに、ひっくり返すことで驚きの展開を生むこともできます。

ぜひ参考にしてくださいね!

 

他にも、様々なプロットを解説している書籍があるので、ぜひ参考にしてみてください。

Kindle Unlimitedの読み放題サービス対象ですので、登録しておくことをおすすめします)

 

ストーリー作家のネタ帳 イベント編1―キャラクターの王道プロット15種

ストーリー作家のネタ帳 イベント編2―世界観・状況の王道プロット15種

ストーリー作家のネタ帳 イベント編3―人間ドラマ・人間関係の王道プロット15種

ストーリー作家のネタ帳 イベント編4―緊迫・駆け引き・ミステリーの王道プロット15種

 

また、ラブコメで使えるセリフは↓の記事でまとめています。

心揺さぶる恋愛小説/ライトノベルの書き方|決めゼリフを入れよう!
キャラに魅力のないラノベは基本的に読まれない だからこそ、読者に感動を与えるための、「キュンとくる」「熱い」セリフなどが必要

 

ラブコメの恋愛描写に役立つヒロインの作り方は↓の記事で解説しています。

ラノベ系小説の書き方|ラブコメの恋愛描写に役立つヒロインの作り方
ヒロイン視点で恋心を語るのも有効な手段 段階を踏んで、少しずつ丁寧に心情の変化を描いていくことができると良い

コメント