小説で感動するセリフを生む方法/感情移入しやすい言葉をストックすべし!

みなさまご機嫌よう。

高美濃四間です!

 

今回は、小説を書く上で重要となる、「読者の心に刺さるキャラのセリフ」について解説していきます。

これを参考にすれば、読者の心を揺さぶるような小説を書くことができますよ!

 

<BGM>

 

感動できるセリフを生む方法/感情移入しやすい言葉をストックすべし

みなさんは、小説やアニメなどで、キャラクターのセリフに心を揺さぶられたことはありませんか?

 

ストーリーによっては、感動して泣いたり、叫びたいほど興奮したり、鳥肌が立つほどの衝撃を受けたりしたことがあるはずです。

そしてその作品はきっと、強く印象に残ったことでしょう。

 

つまり、物語においてキャラクターの発するセリフというのは、ストーリー展開や人物像の描写と組み合わせることで、絶大な力を発揮するのです。

 

例えば……

ワンパンマンより】

「俺がお前に勝てないなんてことは、俺が一番よく分かってるんだよ! それでもやるしかないんだ。勝てる勝てないじゃなく、ここで俺はっ、お前に立ち向かわなくちゃいけないんだぁぁぁっ!」

 

ガンダムWより】

「教えてくれ、俺たちはあと何人殺せばいい? 俺はあと何回あの子とあの子犬を殺せばいいんだ……ゼロは俺になにも言ってはくれない」

 

ひぐらしのなく頃により】

「数え切れない世界で後悔した……いつも、気付くときには手遅れだった。私が、ずっとずっと、一番伝えたかった言葉を言うよ。梨花ちゃん、君を助けにきた!」

 

Re:ゼロから始める異世界生活より】

「立てっ! 顔を上げろっ、武器を持てっ! あの男を見ろ、あれは武器もなく非力で吹けば飛ぶような弱者だ。他の誰よりもあの男が一番弱い。最も弱い男が諦めていないのに、どうして我らに膝を折ることが許される――続けぇぇぇっ!」

 

今回は、そういった読者の心を揺さぶるセリフの生み方について、丁寧に解説していきますね!

 

読者の感情を揺さぶるのに必須の要素

読者を笑わせたり、感動させたりしたければ、必須の要素があります。

 

それは、驚きです。

 

表現の技術という書籍で解説されていますが、人の心を動かすには驚きが必須なのです。

それが大きければ大きいほど、強く心が揺さぶられる。

 

たとえば……

・思いもよらず、ハッとさせられるセリフ

・「確かに!」「その通りだ!」と強く共感できるセリフ

・「まさか、いつも寡黙なあのキャラが!?」と驚愕するような想いのこもった叫び

 

など、印象に残るにセリフには、読者の驚きがあります。

この驚きを生むために、キャラ設定やストーリー展開などによって、読者の思考を上手く誘導することを意識してください。

 

→ 魅力的なキャラクターの作り方はこちら

関連記事

みなさまご機嫌よう。 高美濃四間です!   ・キャラクターのイメージが湧かない…… ・魅力的なキャラが書けない…… ・読者の感情移入できる小説を書きたい……   みなさんは、そん[…]

 

セリフをストックすべし!

しかし感情を揺さぶるセリフというのは、そんなポンポンと出てくるものではありません。

普段から自分の中にストックしておく必要があるのです。

 

そのために多くの作品に触れ、「熱くなったセリフ」、「ハッとしたセリフ」、「感動したセリフ」などをひたすらメモしてください。

 

特にアニメがおすすめです。

プロの声優さんの迫真の演技による心のこもったセリフは、まっすぐに心に刺さり、強く印象に残るためです。

 

また、↓の記事でも心揺さぶるセリフを紹介しています。

戦闘シーンや感動シーンを演出するセリフ集

小説で感動を生むセリフ集

感情移入できるセリフ集

 

セリフの言葉選び

基礎を理解し、セリフをストックしたら、あとは言葉選びです。

自作小説では、自分の生み出したキャラクターの言葉でセリフを言わせなければなりません。

 

そこで重要なのは、下記の3つです。

・そのキャラの目的はなにか

・なぜそのキャラはそのセリフを言ったのか

・読者にどんなことを伝えたいのか

 

それをしっかりと整理してください。

そうすれば、そのキャラのセリフで、その場面に適した言葉選びができるはずです。

 

まとめ

今回は、小説で感動するセリフを生む方法について解説しました。

・人の心を動かすには驚きが必須

・普段から自分の中にストックしておく必要がある

・自分の生み出したキャラクターの言葉でセリフを言わせなければならない

 

これらを意識し、ぜひ心に残る素敵な小説を書いてくださいね!

 

魅力的なキャラクターの作り方は、↓の記事で解説しています。

関連記事

みなさまご機嫌よう。 高美濃四間です!   ・キャラクターのイメージが湧かない…… ・魅力的なキャラが書けない…… ・読者の感情移入できる小説を書きたい……   みなさんは、そん[…]

 

また、ストーリープロットの作り方については、↓でまとめています。

関連記事

みなさまご機嫌よう。 高美濃四間です。   みなさんはプロットを書いていますか? よく、小説にプロットは必須という考え方や、書くべきか迷うといった意見がよく話題に上がっていますね。   […]

電子書籍レーベル「タカミノ出版」創刊!

最新情報をチェックしよう!