本サイトでは、小説の書き方やマーケティング手法を解説しています → サイト概要・目次へ

ラノベ系小説の書き方|ラブコメの恋愛描写に役立つヒロインの作り方

高美濃オリジナル作法(さっぽう)

みなさまご機嫌よう。

高美濃四間です!

 

今回は、ラブコメでヒロインの可愛らしい仕草やむずがゆくなるような言動をまとめていきますよ。

 

↓こんな人におすすめ

・小説にラブコメ要素を加えたい

・ヒロインの魅力を高めたい

・キュンとするシーンを作りたい

 

<良ければ、↓の曲を聞きながらでも👍>

Tell the Truth @ フリーBGM DOVA-SYNDROME OFFICIAL YouTube CHANNEL

ラノベ系小説の書き方|ラブコメの恋愛描写に役立つヒロインの作り方

それでは早速本題に入りましょう!

主に↓の四つの要素について、例を用いて説明していきます。

・無意識

・女の子視点

・嫉妬

・アピール

 

無意識

例)

・ヒロインが好きな男子(主人公)のことをチラチラと見る

・目が合うと、顔を赤くしてそらしてしまう

・好きな男子に誘われて自然と顔がにやける

・自然と密着する形になり、相手から「近くない」と言われ、赤くなって離れる。それから意識する。

 

ポイントは、ヒロインもまだ自分の気持ちに気付いていないというところです。

それでも自然と目がいったり、特別気にかけたりするといったヒロインの行動は、読者をキュンとさせることができるでしょう。

わざとらしくならず、あくまで自然に、を心がけてみてください。

 

女の子視点

例)

・気になる彼のことを他の誰とも違うと感じる

・一緒にいると、心が安らぐと感じる

・素っ気ない返事じゃなくてよかったと安堵する

・主人公に誘われて、急に明るく嬉しくなる

 

ヒロイン視点で恋心を語るのも有効な手段です。

これも段階を踏んで、少しずつ丁寧に心情の変化を描いていくことができると良いです 。

この手法を取り入れているラブコメは多くないので、試しに活用してみてはいかがでし ょう?

 

嫉妬

・他の女の子(別ヒロイン)と楽しそうに話している場面を見て、羨ましがる、ため息をつく

・気になっている男子(主人公)と最近仲の良い女の子に、どういう関係か聞いいてしまう

 

嫉妬心を描写するのは王道です。

読者の自尊心をくすぐってくれるので、ラブコメには欠かせない要素でしょう。

ただ、やりすぎには注意。

嫉妬がいきすぎると、ヤンデレになるので、そこは作品にあわせてくださいね。

 

アピール

・「気になっている」というようなニュアンスの質問や話をしても、冷静に応えられ、残念がる。(気付いてほしいという気持ち)

・一緒にいたいオーラを出したり、アピールする

 

ヒロインから主人公へのアピールというのも、ラブコメには欠かせない要素です!

あんまりやりすぎると冷めてくるので、適度な塩梅を心がけましょう。

もう一つ注意点は、主人公があまりにも鈍感すぎると、それはそれで読者をイライラさせ てしまうので、恋愛の進展なども少しずつ入れ込むと、より良くなりますよ!

 

おすすめラブコメ作品

最後に僕のおすすめラブコメ小説をご紹介します。

完全に僕の趣味なので、面白そうと思われた方は、自作の参考にしてみてください。

 

緋弾のアリア

ようこそ実力至上主義の教室へ

スコップ無双 「スコップ波動砲!」( `・ω・´)♂〓〓〓〓★(゜Д ゜ ;;;).:∴ドゴォォ

冴えない彼女の育てかた

バカとテストと召喚獣

 

まとめ

今回は、ラブコメを書く上で役立つ要素について解説しましたね。

↓の四つはしっかり意識してみてください。

・無意識

・女の子視点

・嫉妬

・アピール

 

↓の記事で僕の執筆ノウハウをまとめているので、ご参考までにどうぞ。

小説を書いていくためのコツ|現代小説家の書けない読まれないを解決
↓のような方へおすすめ ・現在、自作小説を必死に書いているけど、中々上手く書けない。 ・腕に自信はある。でもどんなに良い作品を書いても読まれない。 ・これから作家を目指したいけど、どうすればいいか分からない。

コメント