→ おすすめ記事一覧

日常シーンや感動シーンを書くコツ/小説の風景描写に役立つ演出集

描写・表現集

みなさまごきげんよう!

高美濃四間です!

 

今回は、ストーリーを展開する上で役立つ演出について、まとめました!

なにか物足りないと思うシーンも、ほんの少しの要素を付け加えるだけで劇的なものに変わりますよ!

ぜひ参考にしてみてください。

 

こんな方におすすめ↓

・感動シーンを劇的に際立たせたい

・日常シーンを優雅に、華やかにしたい

・ミステリアスなシーンをより魅力的にしたい

 

<良ければ、↓の曲を聞きながらでも>

 

日常シーンや感動シーンを書くコツ/小説の風景描写に役立つ演出集

今回は、感動シーンやシリアスシーンに特化してご紹介します。

シーンを際立たせる風景やイベントですので、自作小説に役立つと思ったものがあれば、ご自由にご活用ください!

 

また、実際の場面描写の例を知りたいという方は、『今すぐ使える! 情景描写集(現代編)』や『今すぐ使える! ファンタジー描写集』という書籍がおすすめですよ。

Kindle Unlimitedの読み放題対象です)

 

感動系演出

・祭り

・花火

・虹

・銀河

・星、流れ星

・雪降る夜、夜空舞う粉吹雪

・舞い散る桜

・桜並木

・送り火

・泡沫(うたかた)

・蛍

・恋歌

・水辺

 

感動の再会や別れなどでは、切なさを演出するために、雪降る夜や蛍の飛ぶ公園などが定番ですね。

恋の歌をからませて儚さを醸し出したり、流れ星を見ながら静かに語るというシーンなんかも、心揺さぶるものがあります。

他にも渚や送り火など……感動シーンを書くときの参考にしてみてくださいね!

 

シリアス、ミステリアス系演出

・雨

・雷雨

・嵐

・朧夜(おぼろよ)

・夜桜

・欠けた月

・三日月

・満月

・真夜中

・夕影

・静寂

・幽玄

・陽炎(かげろう)

・霧

・光の螺旋

・迷宮

・天空

・雪洞

 

大きく分けて、雨や雷などの天候に関わるもの、夜に特化した特殊な演出、儚げで幻想的な現象といったところでしょうか。

雷雨や嵐は、シリアスなシーンには持ってこいです。

それだけで、ドキドキのシーンを演出できます。

それとは対照的に、霧や陽炎など幻想的な現象と静寂を組み合わせることで、じわじわと感情に訴えかけることも可能。

また、読者の印象に残したい重要なシーンは、夜に持ってくるのがおすすめです。

 

その他の日常シーン

・美術館

・高級レストラン

・大豪邸

・早朝、暁

・温泉

・ショー、ライブ

・花見

・クリスマス

・初詣

 

日常シーンとは言いましたが、普段のなにげないシーンに動きをつけるためのイベントです。

バトルメインの小説なんかは、花見やクリスマスなどでキャラ描写を深くすることで、その後のアクションシーンを際立てることができるのです。

定番のシーンが多いですが、キャラクターへの感情移入をしてもらうために、ぜひとも活用してみてください。

 

より多くの場面について知りたいという方は、「場面設定類語辞典」という書籍がおすすめです。

 

まとめ

今回は、感動シーンやシリアスシーンをより魅力的にするための要素を解説しました。

もし自分の物語に足りないものがあると感じたときは、参考にしてみてください。

 

場面描写をより詳細にするには、↓の書籍がおすすめですよ!

今すぐ使える! 情景描写集(現代編)

今すぐ使える! ファンタジー描写集

場面設定類語辞典

ゲームシナリオのためのファンタジー解剖図鑑

 

小説の書き方については、↓の記事でまとめているので、参考にしてみてください。

ライトノベル小説の書き方|ラストでどんでん返しを生むストーリーの作り方
物語はラストで得た感動が、そのまま作品の評価に繋がると言っても過言ではない。 つまるところ、どんなに序盤中盤で盛り上がっても、ラストが納得いくものでなければ「いまいち」。 序盤中盤はまあまあでも、終盤のどんでん返しに興奮したなら「面白かった!」と言われるのだ。

コメント