魅力的な小説のキャラ設定の作り方|気品溢れる描写,表現集

みなさまご機嫌よう。

高美濃四間です!

 

今回は、魅力的なキャラ設定を作る上で参考となる特徴をまとめてみました。

 

<良ければ、↓の曲を聞きながらでも👍>

 

魅力的な小説のキャラ設定の作り方|気品溢れる描写,表現集

今回は、魅力的なキャラクターとして、気品溢れるキャラクターにフォーカスしたいと思います。

丁寧で綺麗な描写というものが、作品を魅力的にする一つのコツですので、ぜひとも参考にしてくださいね。

 

また、「今すぐ使える! キャラクター描写集(現代編)」という電子書籍で、キャラクター描写の例文集を紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

Kindle Unlimitedの読み放題対象です)

 

雰囲気

・口角を上げて優雅に微笑む

・視線はまっすぐ

・肩の力を抜き、背筋をすっと伸ばす

・動きは静かにゆっくり

・おじぎをするときは、しっかり間を持つ

・柔らかい物腰

・奥ゆかしい

・清潔感ある

・姿勢や呼吸、心が整っている

・全身から優しさがにじみ出ている

・輝かしく華やか

・凛々しく気高い雰囲気

・浮世離れ

・清貧

 

このように、人物描写に少し付け加えるだけで、そのキャラの持つ自信や優雅な印象を与えることができます。

雰囲気づくりの際は、活用してみてください。

 

言動

・率直な物言い

・低く落ち着いた声(男性)

・透き通った声(女性)

・はっきりと聞き取れる力強さ

・必要なことしかしゃべらない

・他人への思いやりを持った言葉使い

 

どのような話し方をするかによっても、そのキャラクターの印象は大きく異なります。

読者に伝えたい印象をしっかり意識しておくと良いでしょう。

 

特徴

・夕日を眺めたり、自然を楽しめる

・誇り高く芯がある

・成功の裏に隠れた圧倒的努力がある

・磨かれた感性を持つ

・どんな境遇でも冷静に対処できる

・他人のために泣くことができる

 

気高い人というのは、どんな状況であっても冷静さを失わず、毅然と対応できる人のことです。

いざというときに、それを発揮すると物語の緩急がつくのでおすすめですよ。

 

素敵な雰囲気を演出するための表現集

では次に、キャラクターに限らず、色や植物など、作品の雰囲気づくりに役立つ表現をご紹介します。

 

色の表現

・暗黒

・紅蓮

・藍色(あいいろ)

・緋色

・蒼白

・翡翠(ひすい)

・碧玉(へきぎょく)

・薄紅(うすくれない)

・瑠璃(るり)

・深緑

・金色(こんじき)

・虹

・桜色

 

せっかくですので、ただ「赤色」と言うよりも、「紅蓮」や「緋色」、「青色」と言うよりも、「藍色」や「蒼白」といった表現にした方が、華やかなイメージを与えることができます。

工夫してみてはいかがでしょうか?

 

色に関する描写

・淡い

・色褪せる

・染め抜く

・血潮

・鮮血

・ほんのり赤い

・色で浮かんだ

 

その他、植物類

・紅椿(べにつばき)

・彼岸花(ひがんばな)

・鈴蘭(すずらん)

・つぼみ

・蓮華(れんげ)

・水仙

・七草

・白菊

・荊(いばら)

・野ばら

・桜並木

 

まとめ

どうだったでしょうか?

キャラ作りで悩んでいる方、さらに工夫を加えたいという方、ぜひとも参考にしてみてくださいね。

 

→ キャラクター描写に役立つ表現集はこちら

関連記事

みなさまご機嫌よう。 高美濃四間です!   今回はキャラクター描写や設定を作り込む上で、使えるパーツをかき集めました。 僕が以前、様々な作品を読んだ中で、参考になると思った描写を片っ端からメモしていったもの[…]

 

魅力的なヒロインの作り方については、↓の記事で解説しています。

関連記事

みなさまご機嫌よう。 高美濃四間です!   今回は、ラブコメでヒロインの可愛らしい仕草やむずがゆくなるような言動をまとめていきますよ。   ↓こんな人におすすめ ・小説にラブコメ要素を[…]

電子書籍レーベル「タカミノ出版」創刊!

最新情報をチェックしよう!