小説が書けない人におすすめ|キャラクター描写や設定に役立つ言語集

みなさまご機嫌よう。

高美濃四間です!

 

今回はキャラクター描写や設定を作り込む上で、使えるパーツをかき集めました。

僕が以前、様々な作品を読んだ中で、参考になると思った描写を片っ端からメモしていったものです。

 

こんな方におすすめ↓

・語彙力がなくて描写が書けない。

・その場面に適した言葉が思い浮かばない。

・小説を書いたけど、もっと多彩な言葉を使いたい。

 

ご利用はどうぞご自由に。

<よければ、↓の曲を聞きながらでも👍>

 

小説が書けない人におすすめ|キャラクター描写や設定に役立つ言語集

それでは早速いきましょう!

もちろん、これが優れているという意味ではなく、あくまで語彙不足で困ったときなどに参考にしてみてください。

 

また、「今すぐ使える! キャラクター描写集(現代編)」という電子書籍で、キャラクター描写の例文集を紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

Kindle Unlimitedの読み放題対象です)

 

顔の造形

・目立ちの整った

・目が細い

・二重(ふたえ)

・切れ長の目

・水晶のような瞳

・碧眼(へきがん)

・澄んだ瞳

 

鼻筋

・整った鼻筋

・高い鼻

 

顔の雰囲気

・おっとりとした

・品のある

・優しい顔立ち

・端正な

・愛嬌のある

・彫りが深い

・あどけない

・甘ったるい

・醜い

・線が細い

・中性的

・顔が濃い

・人形のように整った

 

その他パーツ

・髭

・口からのぞく八重歯(やえば)

・ホクロ

 

髪型

・スキンヘッド

・坊主

・逆立つ短髪

・編み込み

・剃り込み

・七三分け

 

・おかっぱ

・ツーサイドアップ

・ツインテール

・黒髪ロング

・お下げ髪

・三つ編み

・ポニーテール

・サイドテール

 

その他

・前髪ぱっつん

・ツンツン

・アホ毛

・アシンメトリー

・ウェーブのかかった

髪色

・栗色

・茶髪

・プラチナブロンド

・銀髪

・白髪

・ピンク

・青髪

・金髪

・黒髪

・漆黒

・ダークブラウン

・赤髪(燃えるような)

 

体つきや雰囲気などの特徴

雰囲気

・艶やか

・妖艶

・清潔感

・見眼麗しい(みめうるわしい)

・潤しい(うるおしい)

・絢爛(けんらん)

・まるで○○のような(花にたとえる)

・甘く清楚

・あどけない

・可憐

・愛くるしい

・ふわふわ

・おっとりしている

・姫君

・威風堂々

・凛々しい

・輝くように美しい○○(たとえば金髪)

・優男(やさお)

・厳格

・抜き身の刀のような

・触れたら切れてしまいそうな

 

・透き通る白さ

・玉の肌

・青白い肌

・触れたら溶けてしまいそうな雪の肌

・褐色の肌

 

体つき

・華奢

・抜群のプロポーション

・色気のあるスタイル

・筋骨隆々

・大柄

・スラリとした長身

・長身痩躯(ちょうしんそうく)

・腹が出ている

・整った外見

 

服装

・背広

・スーツ

・甲冑、兜、肩当、腰当、膝当て

・シャツ

・外套(がいとう)

・ライダースーツ

・マント

 

・ゴスロリ

・和ゴス

・袴(はかま)

・花柄の着物

・法衣

・ベール状の頭巾

・修道服

・ドレス

・コート

・スカート

 

和風ファンタジーに特化した衣装は、↓で解説しています。

関連記事

みなさまご機嫌よう。 高美濃四間です!   今回は、和風ファンタジーに使える表現を紹介していきますよ! 着物や袴(はかま)などの衣装から、風情のある屋敷まで広く網羅しているので、これを活用すれば和風な雰囲気[…]

 

まとめ

もし、キャラ描写でつまづいた方は、このページを繰り返し見に来てください。

これらが全て頭に入れば、小説もスムーズに書けるようになるはずです。

 

他にも素敵な描写はたくさんありますので、↓の書籍も参考にしてみてください。

今すぐ使える! キャラクター描写集(現代編)

感情類語辞典

ゲームシナリオのためのファンタジー衣装事典

 

キャラクター作りの基礎については、↓の記事で解説しています。

関連記事

みなさまご機嫌よう。 高美濃四間です!   今回は、僕の出版している電子書籍「今すぐ使える! キャラクター描写集(現代編)」から、キャラクターの作り方を解説していきますよ。   こんな方にお[…]

 

また、小説の書き方については↓の記事を参考にしてみてください。

関連記事

みなさまご機嫌よう。 高美濃四間です。   みなさんはプロットを書いていますか? よく、小説にプロットは必須という考え方や、書くべきか迷うといった意見がよく話題に上がっていますね。   […]

電子書籍レーベル「タカミノ出版」創刊!

最新情報をチェックしよう!