→ おすすめ記事集

小説の書き方

小説の書き方

読みやすい小説・文章の書き方/投稿小説の書けない読まれないを解決

小説における読みやすさというのは、素晴らしいストーリーを確実に読者へ届けるための技術
小説の書き方

小説を書く7つの手順|冒頭でつまづいたり書き始められない方へ

小説家として重視すべきは、情熱をどこまで保っていられるか これが冷めてからでは、思うようにイメージが浮かばず作業が進まない
小説の書き方

小説を書くうえで気を付けるべきコツ|小説家になるには読者目線が大事!

情熱のままに書き、冷静になって書き直す
小説の書き方

高美濃四間のライトノベル書き方講座|小説家になるには様々な視点が大事

↓のような方へおすすめ ・現在、自作小説を必死に書いているけど、中々上手く書けない。 ・腕に自信はある。でもどんなに良い作品を書いても読まれない。 ・これから作家を目指したいけど、どうすればいいか分からない。
小説の書き方

風景描写の有効な書き方|小説で魅力的な情景を書く5つのコツ

細部の描写に力を入れることが大事 読者が「あ~確かに!」「わかる~」「なるほどねぇ」などと思わず呟いてしまうような、共感の得られる描写をすること
小説の書き方

小説が最後まで読まれない? 想像を絶するストーリーの作り方とは?

読まれない理由は分かりました。 しかし想像を絶する展開を考えるというのは、言うほど簡単ではありません。 ですが、ちゃんと方法があります。 それは、不可能を可能にすることです!
小説の書き方

ライトノベル小説の書き方|ラストでどんでん返しを生むストーリーの作り方

物語は、ラストで得た感動が、そのまま作品の評価に繋がると言っても過言ではありません。 つまるところ、どんなに序盤、中盤で盛り上がっても、ラストが納得いくものでなければ「いまいち」。 序盤、中盤はまあまあでも、終盤のどんでん返しに興奮したなら「面白かった!」と言われる
小説の書き方

小説のプロットの書き方・7つの手順/小説家になるにはプロットも理解すべし

プロットを作ってみて、自分はこのやり方が必要だと思えば活用すればいいですし、面倒で創作意欲を減退させるのなら、勢いのままに書き進めていったほうが良いのではないでしょうか。 プロットを書くために時間を割いてしまって、折角イメージできていた熱いシーンが冷めてしまっては、元も子もないのです。
小説の書き方

感動するストーリーの作り方/究極の舞台装置で感動を

物語は、ラストで得た感動が、そのまま作品の評価に繋がると言っても過言ではありません。 つまるところ、どんなに序盤、中盤で盛り上がっても、ラストが納得いくものでなければ「いまいち」。序盤、中盤はまあまあでも、終盤のどんでん返しに興奮したなら「面白かった!」と言われるわけです。
小説の書き方

8割ユーチューブ!? 感動する言葉・セリフの作り方

今はあまりビジネス書を読んでいない僕。 それでも以前同様、キャラクターの口から名言っぽいことを言わせることはできます。自然に出てきます。 では今、どのようにしてそれが僕の中にストックされているのか――