→ 初めてサイトを訪れた方へ

小説を書く7つの手順|冒頭でつまづいたり書き始められない方へ

入門編

みなさまご機嫌よう。

高美濃四間です!

 

小説を書こうとしている方で、「どう書き始めればいいか分からない」と、悩んでいませんか?

 

今回は、つまづいてしまった方へ小説を書く手順を解説します。

僕はこれまでたくさんの作品を書いてきて、小説投稿サイトでランキング上位を記録したことも何度もあるので、ぜひ参考にしてみてください!

 

実践すれば、ようやく小説を書き始めることができますよ👍

 

<BGM>

紅葉と共に @ フリーBGM DOVA-SYNDROME OFFICIAL YouTube CHANNEL

 

スポンサーリンク

小説を書く7つの手順|冒頭でつまづいたり書き始められない方へ

僕が小説を書く手順は、↓の通りです。

 

1、書きたいと思ったら、即プロット作成

2、不足している知識は、執筆前にインプット

3、情熱が冷めないうちに執筆開始!

4、執筆は継続しつつ、並行してインプット

5、適度に読み返す

6、完結

7、自分で読み返したり、他者に読んでもらう

 

それでは詳細に解説していきますね!

 

書きたいと思ったら、即プロット作成

書きたい!

まずはこの気持ちが一番大事で、執筆する際の大前提です。

情熱を注げる物語でなければ、書き続ける原動力になり得ません。

 

ただただ小説家に憧れているだとか、稼げるかもしれないといった理由だけでは、すぐに挫折するので、一度自問自答してみてください。

 

あなたは、どうしても書きたい物語がありますか?

 

もし「YES」なら、まずはプロットを作ってみてください。

プロットと言っても、物語の流れを適当に書き連ねた簡易的なもので問題ありません。

入れ込みたい要素やシーンを箇条書きにしておいて、章分けし、書いていく順番に並べていくのです。

 

不足している知識は、執筆前にインプット

プロットを書いている際、知識の不足している分野が明確になったと思います。

それらは、本文を書き始める前に最低限情報収集しておきましょう。

 

書いている途中で手が止まるのは、せっかくの勢いが削がれますし、効率がかなり悪いです。

書籍やネット検索、Youtubeなどで手短にインプットしてしまいましょう。

 

情熱が冷めないうちに執筆開始!

ここまでは時間との戦いです。

小説家として重視すべきだと思うのは、情熱をどこまで保っていられるかです。

これが冷めてからでは、思うようにイメージが浮かばず作業が進みません。

 

抑えきれないほどの「書きたい!」という気持ちは、またとない絶好の機会と思って、イメージの浮かぶままに書き進めていってください。

 

執筆は継続しつつ、並行してインプット

長編を書いている場合は、どうしても完結させるまでに時間がかかります。

そうなると、時と場合によってコンディションに差があり、それは避けられません。

 

そういうときは、執筆は継続しつつ、別の時間を作って他の小説を読んだり、関連する情報を集めたりするのがおすすめ!

たまに新しいアイデアがひらめいたりして、作品の魅力をより高めることができるのです。

 

適度に読み返す

章毎でも、ある程度書き進めたら、定期的に読み返すことをおすすめします。

 

いくら自作小説とはいえ、書き進めていくにつれ、過去の設定を忘れてしまうことは意外と少なくありません。

そうなると、序盤と中盤で設定に齟齬が出て来たりするので、必要なことなのです。

 

また、序盤での伏線の追加など、改善点にも気付けるのでおすすめ。

 

完結

とにかく完結させることを目指してください。

 

完結させないまま一度放置してしまえば、その後なかなか執筆再開できないもの。

完結させることで、小説家としても重要な経験となり大きく成長できるので、作品を完結させることを意識してください。

 

自分で読み返したり、他者に読んでもらう

完結させて終わりにしてはもったいないです。

 

少し時間を置いて、最初から読み直してみると、改善箇所が結構見つかるはずです。

また、他の人に読んでもらってアドバイスなどもらえると、他人の視点を知ることができ小説家として大きく成長しますよ。

 

依頼の方法は↓の記事で解説しています。

小説の感想を依頼する方法/ココナラの使い方
ココナラでの小説の感想依頼を発注する方法を解説します!

 

作品の完成度を高める努力を欠かさないよう、意識してみてくださいね。

 

まとめ

今回は、小説を書く手順について解説しました。

 

1、書きたいと思ったら、即プロット作成

2、不足している知識は、執筆前にインプット

3、情熱が冷めないうちに執筆開始!

4、執筆は継続しつつ、並行してインプット

5、適度に読み返す

6、完結

7、自分で読み返したり、他者に読んでもらう

 

書きたい物語を、好きなように書き進めてほしいです。

 

また、よりレベルの高い小説を書きたいのなら、↓の記事も参考にしてみてください。

小説の書き方まとめ|ラストでどんでん返しを生む物語の作り方
物語はラストで得た感動が、そのまま作品の評価に繋がると言っても過言ではない。 つまるところ、どんなに序盤中盤で盛り上がっても、ラストが納得いくものでなければ「いまいち」。 序盤中盤はまあまあでも、終盤のどんでん返しに興奮したなら「面白かった!」と言われるのだ。

コメント