→ 初めてサイトを訪れた方へ

小説を書きたい人へ/物語を書く基本やコツ,設定の書き方を学ぶ書籍5選

創作活動に役立つツール

みなさまご機嫌よう。

高美濃四間です!

 

今回は、小説を書く上で非常に役立つ書籍をご紹介します!

しかも、kindle unlimitedで読み放題なので、お金をかけたくない人も一度読んでみて、自分に必要なものだけを利用することができますよ!

これは使わないと損ですね。

<良ければ↓の曲を聞きながらでも👍>

星屑サラウンド-1chorus- @ フリーBGM DOVA-SYNDROME OFFICIAL YouTube CHANNEL

 

スポンサーリンク

小説を書きたい人へ|物語を書く基本やコツ,設定の書き方を学ぶ書籍5選

それでは早速いきましょう!

今回ピックアップしたのは、物語を書くための基本やコツのようなものから、描写や設定のテンプレなど、幅広く活用できるものです。

 

どれも、kindle unlimitedの登録作品であるため読み放題なので、もしまだ利用されていないという方は、この機会にkindle unlimitedを利用してみてはいかがでしょうか?

月額約1000円(初月無料)でkindle unlimitedに登録されている電子書籍数十万冊が読み放題という素晴らしいサービスです。

 

で、今回ご紹介する書籍は↓です。

 

面白いストーリーの作り方

ストーリー作家のネタ帳1~4

描写にテクニックはいらない!

ミステリー「トリック」の作り方

大どんでん返し創作法

 

面白いストーリーの作り方

実はこれ、物語の作り方に関する指南書が3冊も合本されているのです。

内容は、面白い物語を作りための基本的な内容を重点的に解説しており、作家から実際に相談を受けた内容を解決したりと、ボリュームに恥じない内容となっています。

特に初心者の方は、まずこれで学んでみてはいかがでしょう?

 

面白いストーリーの作り方

 

ストーリー作家のネタ帳1~4

これ、めちゃくちゃ使えます!

僕のイチオシ👍

様々な作品を研究された著者が、ストーリーを盛り上げる設定のテンプレを詳細に解説してくれています。

ネタ切れを起した人、小説は書き終えたけど、なにかが足りない。

そんな悩みを抱えている方は、一度参考にしてみてください。

あなたの物語をさらに魅力的なものへ変えるはずですので!

 

ストーリー作家のネタ帳

 

描写にテクニックはいらない

こちらは描写の書き方を解説したものです。

描写をするときに注意すべき点を非常に分かりやすく解説しており、サクッと読めるので、人物描写や風景描写などでつまづいている方は必見です。

 

描写にテクニックはいらない!

また、↓の記事でも描写について解説しているので、よければご参考までにどうぞ。

風景描写の有効な書き方|小説で魅力的な風景を書く5つのコツ
細部の描写に力を入れることが大事 読者が「あ~確かに!」「わかる~」「なるほどねぇ」などと思わず呟いてしまうような、共感の得られる描写をすること
小説の戦闘描写の書き方|戦闘シーンの設定に役立つ参考書籍5選
戦闘シーンを構成する各要素の基礎的な知識が不足していると、しっかりとした設定が作れず、戦闘描写も上手くできない 物語の進行上必要な知識だけを厳選して取り入るべき

 

ミステリー「トリック」の作り方

本書も僕のイチオシです。

この書籍で解説されている、「トリックの作り方」は目から鱗でした。

しかも、すぐに応用できるシンプルなものなので、これは知らないと損。

ミステリーに限らず、作品としてミステリアスな展開を目指したい方は、ぜひとも参考にしてみてくださいね!

 

ミステリー「トリック」の作り方

 

大どんでん返し創作法

そろそろお腹一杯ですかね(笑

ここまでで紹介してきたものを読んでいれば、あらかた知識はついてきたと思います。

それでもさらに学びたいという方は、本書を参考にしてみてください。

どんでん返しを作るための型が解説されているので、作品のラストにかけて一気に盛り上げたいという方はぜひ👍

 

大どんでん返し創作法

 

まとめ

今回は、読み放題で読めるおススメの指南書をご紹介しました。

面白いストーリーの作り方

ストーリー作家のネタ帳1~4

描写にテクニックはいらない!

ミステリー「トリック」の作り方

大どんでん返し創作法

 

初心者の方やつまづいてしまっている方は一度参考にしてみてください。

 

また、↓の記事に僕のノウハウも詰まっていますので、参考にしてみてください。

小説を書いていくためのコツ|現代小説家の書けない読まれないを解決
↓のような方へおすすめ ・現在、自作小説を必死に書いているけど、中々上手く書けない。 ・腕に自信はある。でもどんなに良い作品を書いても読まれない。 ・これから作家を目指したいけど、どうすればいいか分からない。

コメント