本サイトでは、小説の書き方やマーケティング手法を解説しています → サイト概要・目次へ

小説の宣伝や上達におすすめのアプリ「ココナラ」の使い方

創作活動に役立つツール

みなさまご機嫌よう。

高美濃四間です!

 

今回は、小説家として活動していく上で、非常に役立つツールをご紹介します。

僕も愛用しているもので、これのおかげで作家として急速に成長できたのは間違いありません。

 

↓の方におすすめ

・小説の感想や校正のフィードバックがほしい

・作品を広く拡散したい

・自作のイラストや漫画を描いてほしい

 

<よければ、↓の曲を聞きながらでも👍>

Ancient White @ フリーBGM DOVA-SYNDROME OFFICIAL YouTube CHANNEL
スポンサーリンク

小説の宣伝や上達におすすめのアプリ「ココナラ」の使い方

今回おすすめするのは、タイトルにもある通り、ココナラというスキル売買サービスです。

 

ココナラとは、個人のクリエイターがスキルを提供するサービスで、依頼できる内容は作品の感想や文章校正から、漫画作成や宣伝拡散まで多岐にわたります。

値段も出品者によって大きく異なり、格安のサービスを複数利用して量を重視するか、それとも豊富な実績がある人気サービスを利用して質を重視するかは自分次第。

 

では、このココナラをどのように利用して、執筆活動に役立てるのか?

それは……

・作品の感想を依頼する

・作品の文章校正を依頼する

・作品をSNSやブログなどで広く宣伝、拡散

・作品の挿絵イラストや漫画版の作成

 

作品の感想を依頼する

作家として成長する上で、効果的な方法は自作品への感想をもらうことです。

自分の気付かなかった改善点や強みが分かるので、他の人の視点というのは、非常に参考になります。

→ ココナラ感想サービス

価格設定や読んでもらえる文字数など、人によってまったく異なるので、ご注意ください。

また、どんな感想がほしいのか、どういう点が気になっているのかをあらかじめ伝えておくと、自分の求める感想をもらいやすいので、意識しておきましょう。

 

※小説投稿サイトで感想を投稿してもらえる、というわけではないので、ご注意ください。

 

作品の文章校正を依頼する

上記の感想とは違い、より良い作品にするために他の人に修正案を出してもらうのも、有効な一手です。

言ってみれば、編集担当がつくようなイメージですね。

 

ココナラでは、実際に出版社で編集担当をしていた方や、脚本家の方など、プロもサービスを展開しているので、これを利用すると周囲と大きく差がつきます。

その分、金額も高くなるので、よく検討してみてください。

→ ココナラ文章校正サービス

作品をSNSやブログなどで広く宣伝、拡散

最近では、Twitterでの拡散が格安で発注でき、僕もクラウドファンディングの拡散で利用しました。

他にもインスタグラムや自身のブログ掲載など、様々な宣伝サービスが展開されているので、これを上手く使って自作品を広く拡散してみるのもおすすめ!

 

たとえば、新作の公開日や小説投稿サイトで完結ブーストを狙うときなど、局所的にアクセス数を激増させると効果が何倍にも跳ね上がりますよ👍

→ ココナラ宣伝サービス

作品の挿絵イラストや漫画版の作成

ここからは少し値段が上がりますが、自作品の表紙や挿絵イラストなども、ココナラで発注することが可能です。

さらに、小説を漫画化させたりというのも、実はできちゃうのです!

漫画家さんもサービスを展開しているので。

 

これで自作品に箔をつけたり、デザイン重視の小説投稿サイトや、SNSでの視覚的効果を狙うことが可能!

ぜひとも利用してみてくださいね!

→ ココナライラスト作成サービス

→ ココナラ漫画制作サービス

また、これに関連する↓の記事も参考にしてみてください。

この時代 かわいいイラストだって簡単に手に入る|本も見た目が9割?
好きな絵師さんがいたら、その人自身に投資するという目的でイラストを購入するのもあり もし、その人が有名になれば購入したイラストの価値も上がるから

 

まとめ

今回は、小説家におすすめのアプリ「ココナラ」の使い方について、解説しました。

 

・作品の感想を依頼する

・作品の文章校正を依頼する

・作品をSNSやブログなどで広く宣伝、拡散

・作品の挿絵イラストや漫画版の作成

 

これを利用することで、あらゆる面で他の作家と差をつけることができます。

ぜひ利用してみてくださいね。

 

また、創作活動に役立つツールについては↓の記事にまとめていますので、続けてどうぞ。

創作活動に役立つツールまとめ|現代の小説家の宣伝や上達におすすめです
現代は高度な情報化社会 執筆活動も多様化しているので、使えるものは有効活用しないと損

コメント