小説宣伝のコツ/ツイッターのフォロワー数を増やす方法5選!

みなさまご機嫌よう。

高美濃四間です!

 

小説家としてツイッターでの宣伝・拡散力がそれなりに高まってきたので、僕がこれまでに試行錯誤したこと、学んだことをまとめたいと思います。

※2021.9.3大幅改稿

 

↓こんな方におすすめ!

・自作小説を宣伝したくてツイッター始めたけど、アクセスがなかなか伸びない

・フォロワーが全然増えない

・いいねもリツイートも全然されない。

 

<BGM>

 

小説宣伝のコツ/ツイッターのフォロワー数を増やす方法5選!

現代の情報社会では、出版書籍であろうがウェブ小説であろうが、宣伝にかかせないツール、それがTwitterです。

 

この記事を読まれているみなさんも、きっとツイッターを使われているかと思います。

または、以前使っていたものの、上手く使いこなせずやめてしまったという方もいらっしゃるかもしれません。

僕も上手く使いこなせず、他人をフォローしたり、リツイートするぐらいしか自分の存在をアピールできませんでした。

 

それから本格的にツイッターの使い方を見直し、今では毎日誰かにフォローしてもらえたり、多いときは30回以上のリツイートをしてもらえるようになりました。

 

宣伝のコツ5選

Twitterの宣伝効果を上げる方法とは、↓の5つです。

 

・大量のツイートで人を集め、プロフィールで宣伝する

・他人のリツイート、リプライを頻繁にする

・ユーザー名にトレンドのキーワードを入れてみる

・イラストを活用する

・ココナラで宣伝拡散を依頼

 

ツイートで人を集め、プロフィールで宣伝する

普段、みなさんはどんなことをツイートしますか?

それは誰かの役に立つものですか?

誰かが共感できるものですか?

 

ウェブ小説家の方がよくするツイートは、自作小説の更新報告や宣伝です。

もちろん、これを否定するつもりはありませんし、僕もやっています。

ただ、これだけやっていても、本当にそれが宣伝としての効果を持っているのでしょうか?

有名な方だったり、一定数のファンがいる方でなければ、ほとんど小説へのアクセスはありません。

 

ではどうすれば、リツイートやフォロー、そして小説リンクへのアクセスを増やすことができるのか?

それは、ユーザーにとって興味深いツイートをすることです。

もう少し具体的に言うと……

 

・誰かの役に立つこと

・笑えたり、友達にも教えたいと思うような、おもしろさがあること

・驚いたり、心を動かされたり、共感できること

 

など。

そういうふうに、興味深いツイートはリツイートなどで拡散され、そのツイートをした人へも興味関心が移り、詳細プロフィールまで見られるのです。

そう、そのプロフィールで本当に宣伝したいことを書いておくのです。プロフィールだけでなく、固定ツイートを活用するのもアリ。

自分に興味を持ってくれた人なら、フォロワーになってくれる可能性が高いでしょう。

 

ちなみに、僕は「創作に役立つこと」をつぶやくようにして、詳細をこのサイトで解説するというやり方をしています。

 

具体的に伸びたツイート

・小説の書き方まとめ

インプレッション:2500以上、エンゲージメント総数:130以上

(そのうち、リンクのクリック数は約35以上)

 

・著作権の解説

インプレッション:2000以上、エンゲージメント総数:100以上

(そのうち、リンクのクリック数は約30以上)

 

・小説表紙のデザインの作成方法

インプレッション:2500以上、エンゲージメント総数:120以上

(そのうち、リンクのクリック数は約35以上)

 

そうしたことで、作品宣伝の固定ツイートは順調に拡散していき……

・インプレッション:40000以上

・エンゲージメント総数:2200以上

・リンクのクリック数:約200回

にまで達しました!

 

まずは質より量

また、一日に大量のツイートをすることも単純ですが効果的です。

目的は、プロフィールや固定ツイートを見てもらうことなので、ツイートの数だけ宣伝効果は高まるのです。

 

質の良いツイートで多くのユーザーの反応を得るのも重要ですが、最初のうちは難しいかもしれません。

ですので、極力たくさんの人の目に留まるように、一日に大量のツイートをしましょう。

自分の以前のツイートをリツイートするでも構いません。

 

ターゲットにしているユーザーたちの生活サイクルをよく考えながら、最も見る確率の高い時間帯にツイートすることを意識してください。

 

他人のリツイート、リプライを頻繁にする

流れてきた他人のツイートでも、これはおもしろい、役に立つと思ったら頻繁にリツイートしたり、リプライした方が良いです。

それがユーザー同士の繋がりにもなるでしょう。

多くの人とよく交流することで認知され、建設的な話をしていると、他のユーザーにも注目されるのです。

フォロワーが多く影響力の強い人ならなおさら。

 

また、RTする際はコメント付でするのがおすすめ。

大事なことは、なぜそれをリツイートしたかを考え、次回の自分のツイートに活かすことです。

ただ、他人のリツイートをし過ぎて自分のツイートが埋もれては意味がないので、そこだけは注意してください。

 

ユーザー名にトレンドのキーワードを入れてみる

最近は、タグるという言葉もあり、最新の情報を得るためにTwitter上で特定の単語を検索することも多いようです。

そのため、現在流行しているキーワードをユーザー名に取り入れるのが有効です。

リリースしたばかりで、人気急上昇中の小説投稿サイトなど。

 

僕も、たいあっぷというサイトが発表されて、注目され始めたときに、ユーザー名を「高美濃四間(玉宮夜彦)小説家/たいあっぷ参戦」としたことで、かなりの宣伝効果がありました。

だってみんな、たいあっぷに関して新しい動きがないか、毎日気にしているんですもの。

 

イラストを活用する

プロフィール画像をユーザーの興味を引くようなイラストにすると、ツイートの反応率も大きく変わります。

 

たとえば、あなたも可愛らしい美少女のイラストを見て、気になってプロフィールを見に行ったことがありませんか?

目的はプロフィールを読んでもらうことなので、視覚的な対策は非常に効果的です。

しかもツイートのたびプロフィール画像は表示されているので、これがあるのとないのでは宣伝力に雲泥の差が出るのです。

 

では、イラストレーターでもない自分がどのようにしてイラストを手に入れることができるのかというと、ココナラSKIMAで依頼することが可能。

今の時代、気軽に安価にイラストを依頼することができますし、SKIMAでは完成品を買うこともできます。

 

→ イラストの依頼方法はこちら

関連記事

みなさまご機嫌よう。 高美濃四間です!   現代では多くの小説家がイラストを活用し、視覚的な対策を万全にしています。 むしろそれを活用しなければ、ライバルたちに大きく差を付けられてしまうことに…… &[…]

 

ココナラで宣伝拡散を依頼

最後にもう一つ、近道があります。

それは、影響力のある人に宣伝・拡散してもらうことです。

影響力のある人たちの力を借りれば、一人でコツコツやるよりも短期間で大量のインプレッションが増えるのは疑うまでもありません。

 

ココナラでは、自身のブログやフォロワー数万人のツイッターアカウントで宣伝するというサービスを提供している人が多数いるので、誰でも簡単に宣伝・拡散を依頼できますよ。

 

→ 小説の宣伝を依頼する方法はこちら

関連記事

みなさまご機嫌よう。 高美濃四間です!   今回は、自作小説の宣伝を依頼して、ネット上に広く拡散する方法を詳細に解説します。   ↓のようなメリットがありますよ! ・SNS広告やGoo[…]

 

ただし、どれだけ多くの人の目に留まっても、反応があるかは自分のツイートの内容次第であることを忘れずに!

 

まとめ

今回は、Twitterで宣伝・拡散する5つのコツを解説しました。

 

・大量のツイートで人を集め、プロフィールで宣伝する

・他人のリツイート、リプライを頻繁にする

・ユーザー名にトレンドのキーワードを入れてみる

・イラストを活用する

・ココナラで宣伝拡散を依頼

 

これでTwitter宣伝がかなり伸びるようになったので、小説の宣伝などで伸び悩んでいるなら、ぜひとも参考にしてみてください!

 

他にも、創作で役立つツールについては、↓の記事でまとめています。

関連記事

みなさまご機嫌よう! 高美濃四間です。   今回は、僕が創作活動を続けてきた中で、腕の上達や宣伝拡散、知識のインプットなどにおいて非常に役立っているツールをご紹介します。 特に現代は高度な情報化社会です。 […]

電子書籍レーベル「タカミノ出版」創刊!

最新情報をチェックしよう!