本サイトでは、小説の書き方やマーケティング手法を解説しています → サイト概要・目次へ

異世界ファンタジー小説の書き方/設定に役立つおすすめゲーム5選

高美濃オリジナル作法(さっぽう)

みなさまご機嫌よう。

高美濃四間です!

 

今回は今までたくさんのゲームをしてきた僕が、ファンタジー小説を書く上でプレイしておくべきだと思うゲームを紹介しますよ。

 

物語を書くなら、テクニックや知識だけでなく経験がなによりも大事。

だからこそ、ゲームの世界観に身をゆだね、自分の経験としなければならないのです。

この記事を最後まで読めば、きっと創作のレベルアップに繋がる作品と出会えますよ!

 

異世界ファンタジー小説の書き方/設定に役立つおすすめゲーム5選

それでは張り切っていきましょう!

最近では、ドラゴンノベルスやレジェンドノベルスなど、ファンタジーを始めとしたゲーム文化を重んじるレーベルが増えてきました。

 

だからこそ、ファンタジーを書くべき今、原点に立ち返ってプレイすべきゲームをご紹介します!

・モンスターハンター

・ファイナルファンタジー

・イースⅧ

・ドラゴンズドグマ

・うたわれるもの

 

それでは詳細にご紹介していきますね!

 

モンスターハンター(モンハン)

誰もが知っているハンティングアクションの代表作!

まさしくカプコンの傑作です。

シリーズは幅広く、時代の変化に合わせてグラフィックもゲーム性も進化しています。

 

↓迫力のプロモーション映像

『モンスターハンターワールド:アイスボーン』プロモーション映像②

 

モンスターハンターからファンタジー小説の参考になるものとして、

・ギルドのシステム

・フィールドでの採取アイテムの豊富さ

・素材と装備の組み合わせ

などが挙げられます。

 

多くの異世界ファンタジーでは、酒場やギルドなどでクエストを受けモンスターと戦うという設定が基本となっているので、その基礎と設定の作り込みをこのゲームから学ぶのが良いでしょう。

素材や採取アイテムなども、物語の作り込みを左右しリアリティを出すための鍵となるのです。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね!

→モンスターハンターシリーズはこちら

ファイナルファンタジー(FF)

これまた普及の名作。

ファミコン時代からリリースを続け、今もなお最新作を生み出し続けています。

異世界ファンタジーを書くならば、FFシリーズのシステムが頭に入っていると、多くの読者の共感が得られる世界を作れるはず。

このシリーズをやったことがある人が大多数であるため、多くのファンタジー小説、冒険小説の基礎設定が共通しているのです。

 

FFⅦリメイクPV

FINAL FANTASY VII REMAKE ファイナルトレーラー

 

FFシリーズがファンタジー小説の参考となる点は、

・豊富な魔法の種類と基礎

・壮大なワールドマップ

・パーティーバトルの基礎

などです。

 

特に魔法の種類やパ―ティー編成などは、多くのゲームや冒険小説が参考にしている部分です。

ファンタジーを作る基礎として、プレイしておいてくださいね。

ちなみに、僕個人のおすすめは、Ⅸ、Ⅹ、Ⅻです。

→FFシリーズはこちら

 

イースⅧ

ファルコムの代表作である、冒険系アクションRPGの最高峰!

冒険小説を書く人はぜひ「イースⅧ」を参考にしてほしいですね!

 

「イースⅧ -Lacrimosa of DANA-」 プロモーションムービー

 

・壮大で想像を絶するストーリー展開

・システムの作り込み

・心を震わすBGM

・マップの壮大さと美麗さ

・モンスターの個性と洗練されたデザイン

このどれをとっても高い水準にあります!

 

イースⅧのセイレン島は王道な設定ながら、プレイヤーの想像を絶する秘密が次々に明かされていくので、ストーリー作りの参考にももってこいです!

ぜひプレイしてみてください。

僕のイチオシです👍

→イースⅧはこちら

 

ドラゴンズドグマ

これまたカプコンの冒険ファンタジー。

爽快なアクションと広大なフィールドを探索できるオープンワールドが特徴。

異世界ファンタジーを描きたいなら、プレイしておいた方がいいです。

 

PS4/Xbox One/PC『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』プロモーション映像

 

ドラゴンズドグマで特に参考になる点は、

・リアルに作り込まれたモンスター

・臨場感ある広大なフィールドを体験可能

・戦闘時のリアルな破壊エフェクト

といったところです。

 

他の部分はFFやモンハンでカバーできるのでOK。

他の記事で語りましたが、小説を書くとき、その情景が頭に浮かんでいないと文字にできないのです。それが詳細であればあるほど良い。

だからこそ、綺麗でリアルに作り込まれた本作は、フィールドマップやモンスターの作り込みの助けになるのです!

→ドラゴンズドグマはこちら

(未プレイの方は、ダークアリズンからで大丈夫です)

 

うたわれるもの

最後は伝奇ものの最高傑作。

とりあえず言わせてください。

この神ゲー、やっていないなら人生レベルで損してます!

……すみません、熱くなっちゃいました(汗

 

ただ、このうたわれるものシリーズは本当に面白いのです。

異世界の独特な世界観でストーリーが進むのですが、どちらかというと戦乱絵巻で、記憶を失った主人公が仲間と共に戦い成長し、世界の真実に近づいていくというものです。

キャラクターにめちゃくちゃ感情移入できてしまうので、物語が進むにつれ熱くなる自分を抑えられなくなります!

 

※ネタバレ注意

「うたわれるもの 二人の白皇」プロモーションムービー

 

この作品の参考になる点は、

 

・ストーリー

・ストーリー

・ストーリー

……ふざけてません本気です(笑

 

一応、うたわれるものは『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』『うたわれるもの 偽りの仮面』『うたわれるもの 二人の白皇』の三作があり繋がっているので、これ全てを合わせたストーリーの質は、僕の知る中で最高レベル。

(これでも泣きゲーの類や感動系のアニメはたくさん知っています)

 

是非とも熱いストーリーを作りたいという方は、参考にしてください!

※作品の順番は↓ですので気を付けてください。

1、うたわれるもの 散りゆく者への子守唄

2、うたわれるもの 偽りの仮面

3、うたわれるもの 二人の白皇

→うたわれるものシリーズはこちら

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

どれもファンタジーを語る上で重要な内容ですので、もし執筆で行き詰っている方がいらっしゃいましたら、参考にしてみてくださいね。

モンスターハンター

ファイナルファンタジー

イースⅧ

ドラゴンズドグマ

うたわれるもの

 

↓の記事でダークファンタジーにおすすめのゲームも語っていますので、ご参考までにどうぞ。

ダークファンタジー小説の書き方/設定に役立つおすすめゲーム5選
ダークファンタジーの魅力は、なんと言っても重厚な設定と情け容赦ないストーリー展開にある 今でも十分に人気を狙えるジャンルだ

コメント