本サイトでは、小説の書き方やマーケティング手法を解説しています → サイト概要・目次へ

エブリスタの有効な使い方|毎日の読者数が100人になったワケ

小説投稿サイト攻略

みなさまご機嫌よう。

高美濃四間です。

今回は、僕のエブリスタでの約1年半の経験から、エブリスタの有効な活用法をご紹介します。

これを実践できれば、1日の読者数100人程度は目指せますよ👍

<よければ↓の曲を聞きながらでも👍>

紅葉と共に @ フリーBGM DOVA-SYNDROME OFFICIAL YouTube CHANNEL

 

エブリスタの有効な使い方|毎日の読者数が100人になった理由

作家のみなさん、小説投稿サイトのエブリスタは使っていますか?

僕は「小説家になろう」や「カクヨム」よりも長く愛用しています。

おかげさまで超妄想コンテストで入賞したり優秀作品に選出されたり、SFランキングでは1位を記録したりと、様々な実績を作ることができました。

 

「なろう」ほどのユーザー数はいないものの、様々なコンテストやコミュニケーションツールなど、独自の進化を遂げており、作家としての実績作りや作家仲間探しにおすすめなのです。

 

エブリスタで目立つには?

たくさんのユーザーに自分の作品を読んでもらうには、↓の方法が一般的です。

 

・作品の毎日更新

・つぶやきでフォロワーにアピール

・グループ参加

・掲示板利用

・コンテスト参加

 

もちろんこの全てに取り組めれば、初心者の方でも作品の宣伝効果は見込めますが、僕が今回おすすめするのは掲示板です。

 

掲示板は作品よりも露出する

自分の作品は、基本的に各種ランキングかページ更新をしないと、新たなユーザーに見つけてもらうことが困難です。

しかし掲示板は、多くのユーザーが利用していることもありトピックを立ち上げれば、かなりの閲覧数が見込めるのです。

 

たとえば先月、他の作品を僕のエッセイ内で宣伝するという企画を実施しました。

そしたらなんと!

 

24時間(土~日曜日)のPV(閲覧)数は約300に到達しました。

PV数とは言っても掲示板は1ページなので、単純計算で300人が閲覧したわけです。

 

すぐに宣伝作品は集まり、ほんの数日で企画は終了となりました。

おかげさまで、翌日のエッセイ新作ランキングでは2位に食い込むことができたのです。

 

さらにその前に開催した企画も結構な閲覧数になりました。

 

企画のコツ

では実際にどのようなトピックを立ち上げればいいか。

↓のことを意識してください。

 

・ユーザーの問題を解決するものであること

・ユーザーとコミュニケーションをとるものであること

・定期的に開催すること

 

ウェブ作家の多くは作品を読まれないという悩みを抱えています。

それゆえに、餓えており「作品を読んでもらえる」トピックや「作品宣伝」のトピックには大勢の人が集まるのです。

だからこそ、その問題を解決することで信用を得て、一人一人と密にコミュニケーションをとることで徐々に知名度を上げていきましょう。

 

これには労力と気力が必要ですが、定期的に開催すれば作品更新やランキング入りをしたときに、「あっ、○○さんの作品だ! 読んでみよう」と思ってもらえるわけです。

また、フォロワーも自然と増えれば、作品更新の通知が自動的にいくので効果は絶大です。

 

僕も掲示板で知名度を上げ、作品の毎日更新とフォロワーさんへのアピールにより、ランキング入りなどして一時期毎日の読者数が100人を超えました。

 

 

まとめ

はじめのうちは「相互レビュー」や「短編を読む」企画などがいいでしょう。

おもしろいトピックを立ち上げている方もいらっしゃるので、誰かのトピックに参加して学んでみるのも手です。

 

↓の点に注意してぜひとも挑戦してみてくださいね。

・ユーザーの問題を解決するものであること

・ユーザーとコミュニケーションをとるものであること

・定期的に開催すること

 

現代の出版業界でもこのやり方は有効です。

現代でベストセラーを連発する凄腕編集者の手法を紹介しているので、参考にしていみてください。

出版不況は既に終わった? ベストセラー編集者の驚異的な仕事内容
マーケティング(売り方)をしっかり考えている人は、コンテンツも面白い。 それだけ本気で試合しているということ。

コメント