→ おすすめ記事集

小説投稿サイトで稼ぐならカクヨムがおすすめ! 収益化の方法を解説

小説投稿サイト攻略

みなさまご機嫌よう。

高美濃四間です。

 

今回は、誰でも収益化できる小説投稿サイト「カクヨム」の攻略法を解説していきます。

収益化の方法を模索している小説家の方はぜひとも参考にしてみてくださいね。

 

<BGM>

Not alone @ フリーBGM DOVA-SYNDROME OFFICIAL YouTube CHANNEL

 

小説投稿サイトで稼ぐならカクヨムがおすすめ! 収益化の方法を解説

まずカクヨムとは、誰でも小説を書いたり読んだりできる大手の小説投稿サイトで、出版やウェブサービス事業大手のKADOKAWAが運営しています。

他の大手小説家投稿サイト「小説家になろう」や「エブリスタ」と同様に、ランキングがあったり、様々なコンテストが開催されたりしていますが、収益性に特化した特徴を持っています。

それがロイヤリティプログラムです。

 

カクヨム投稿小説の収益化の方法

カクヨムで投稿した小説で収益を得る方法は、↓の二つが考えられます。

 

・ロイヤリティプログラムによる広告収入

BOOK☆WALKERでの個人出版

 

それでは詳細に解説していきますね。

 

ロイヤリティプログラムで稼ぐ

ロイヤリティプログラムとは、カクヨムで投稿した小説のページに広告を掲載することで、作品の閲覧数に応じてスコアが貯まり、一定のスコアが貯まることで広告収入を運営側から支払われるというものです。

 

ロイヤリティプログラムの詳細と参加は↓をご参照ください。

カクヨムロイヤルティプログラム - はじめてのカクヨムガイド - カクヨム
カクヨムロイヤルティプログラムはWeb小説を書くことで出版を経ることなく直接収益を得られる環境を提供し、カクヨムで創作活動をする人を応援する仕組みです。

 

これはブログやYoutubeの広告収入と同じようなものであり、ウェブ小説の可能性を広げる画期的な仕組みなのです。

ただし、一定のスコアはそれなりに難易度が高いため、簡単に稼げるわけではないことは肝に銘じておいてください。

 

閲覧数を上げるには

それでは実際に、小説の閲覧数を上げる方法を考えていきます。

ただし、稼ぐことに注力してしまい、作品の質が落ちるようなことは決してしないでください。

それでは作家の命とも言える、信用を失いかねません。

 

あくまでも、自分の作品が読者に楽しんでもらえたことに対する対価だと思ってください。

ですので、引きの強いタイトルやあらすじ、内容のおもしろさは大前提としますので、ここでは割愛します。

 

作品へのアクセスを集める主な方法は↓の通りです。

・カクヨム内の自主企画

SNSによる拡散

オリジナルサイトによる宣伝

 

カクヨムには、自主企画というものがあります。

これは、ユーザーが自ら企画を立ち上げるというものです。

これを使えば、特定のジャンルを好む読者だけを集めることも可能なので、作品のアピールのために、積極的に利用しましょう。

 

次にTwitterなどのSNSブログなどの個人サイトによる拡散宣伝です。

特にブログなどは、検索流入によって訪れたユーザーがターゲットになるので、ピンポイントで作品の宣伝がしやすくおすすめ。

 

ブログサイトの作り方は、↓で解説しているので、ご参考までにどうぞ。

小説家のためのブログ・サイト作成講座|宣伝や稼ぐのにもおすすめ!
作品PRや作者の情報発信など、作家として自分のサイトを持つことは、かなりのメリットになる

 

重要なのは、いかに外部サイトから読者を呼び込むかです。

カクヨムユーザーだけでは、読まれづらいのが現状ですので、ブログなどで作家として情報発信しつつ、興味を持ってもらえた人に作品を宣伝するというのが効果的でしょう。

 

また、ココナラを使えば、宣伝の幅を広げることもできるので、利用を検討してみるのも良いでしょう。

詳細は↓の記事をご参照ください。

小説の宣伝や上達におすすめのアプリ「ココナラ」の使い方
作家として成長する上で、効果的な方法は自作品への感想をもらうこと

 

BOOK WALKERでの個人出版

収益化の方法は広告収入だけではありません。

印税です。

 

実は、カクヨムで投稿している小説は、BOOK☆WALKERという電子書籍サイトで電子出版できるのです。

これこそ、カクヨムの真骨頂。

 

BOOK☆WALKERでは、商業作品と同様に出版作品として販売され、購入されれば印税が発生します。

これによって、収益化の幅が大いに広がるでしょう。

 

詳細と登録方法は↓をご参照ください。

ホーム
本サービス(著者センターforカクヨム)は、個人の方がカクヨム投稿している小説を、電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」にシステム自動連係により販売できるサービスとなります。入力はとても簡単で、利用や登録にあたり費用は一切かかりません。 BOOK☆WALKERでの作品の配信・販売は、一次創作のみ可能です(二次創作...

 

戦略としては、ある程度カクヨムで公開しておいて、続きは書籍版で読めるようにしたり、逆にBOOK WALKERから訪れた読者に対しては、無料部分をカクヨムで読めると宣伝する。

そうすることによって、広告収入と印税の両方を得ることが可能なのです。

 

ちなみに、カドカワBOOKSでは書籍化立候補もできるので、商業作家を目指すならこちらもおすすめです。

カドカワBOOKS  Web小説の書籍化立候補募集! 応募フォーム

 

まとめ

今回は、カクヨムでの収益化方法について解説しました。

 

・ロイヤリティプログラムによる広告収入

BOOK☆WALKERでの個人出版による印税収入

 

これらを組み合わせることで、カクヨムは他の小説投稿サイトよりも収益化しやすいのです。

とはいえ、作品に魅力があるのが大前提ですので、勘違いしないように注意してください。

小説家の収益化戦略については、↓の記事でまとめています。

小説で稼ぐブログ・サイト収益化戦略/ネットで自動的に収入を得る秘密の方法
栄光にばかり目が行き、何も準備せずに市場へ出て夢破れて絶望する。 そんな未来は、なんとしても避けなければならない

 

ちなみにアルファポリスという小説投稿サイトも、カクヨム同様に作品を読まれた分だけ収益が発生し、一定のポイントに達すれば出版申請ができるので、こちらも強くおすすめします!

コンテストに参加すればポイントもたくさんもらえるので、むしろカクヨムより稼ぎやすいかもしれません。

 

また、他の小説投稿サイトも↓の記事にまとめているので、参考にしてみてください。

おすすめの小説投稿サイト比較! 自分に合ったサイトを見つけよう!
初心者におすすめするのはエブリスタ。 少し慣れてきたら、小説家になろうで投稿を始め、ツギクルにも外部作品として登録すると良い。 これで十分。

コメント